30代、40代、50代の転職の注意点と有利にするポイント

マイナスイメージを挽回しなければならない30代・40代・50代

30代・40代・50代の転職は、それだけでもう面接官は転職面接者にマイナスのイメージを抱いてます。
ですから、応募書類や面接では、それ以上のマイナスや失点を犯してはなりません。

 

 

以下のぺーじで、それぞれの職種ごとに気を付けたい点や注意点をご案内します。

 






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

書類・面接の注意点記事一覧

営業職の場合

前職も当社でも営業職を希望する転職面接者に長所を質問したところ、「コミュニケーション力があります」とう回答でした。20代の回答ならまだ評価できますが、30代・40代・50代の年代の人がこの回答では困ります。営業職を目指す30代以上の人でコミュニケーション力がないのは致命傷だからです。また、・取引から...

≫続きを読む

 

人事・総務の場合

30代・40代・50代の転職応募者には、専門的な職務だけでなく人事・総務の仕事を幅広く経験していることが求められます。20代であれば、採用、給与計算、社会保険、労務管理、庶務などそれぞれを専門に担当していた人でも、転職に支障はありませんが、30代・40代・50代の方でこのような専門性をアピールされて...

≫続きを読む

 

経理・財務の場合

経営不振、リストラ、希望退職であっても経理・財務という職務で30代後半から、40代、50代の人材は管理職、幹部候補という地位に近い人であり、その一にいる方の退職は、私たち採用審査する側は非常に慎重になります。応募書類や面接で現れないその奥で、・経営者との意思疎通・金融機関との交渉力不足・資金繰りなど...

≫続きを読む

 

経営企画の場合

経営企画という仕事は小さな会社には存在しない部署であり、大きな会社でも花形的な部署です。従って、成功していれば退職・転職するはずがないのですから、転職応募者に対して、私たち採用する側は低い評価からスタートします。特に、退職に至った理由や事情、いきさつを詳しく説明してもらうことになります。

≫続きを読む