30代、40代、50代の人事・総務職転職の注意点と有利にするポイント

人事・総務の仕事は専門性よりも経験豊富な人材力を求められる

30代・40代・50代の転職応募者には、専門的な職務だけでなく
人事・総務の仕事を幅広く経験していることが求められます。

 

 

20代であれば、採用、給与計算、社会保険、労務管理、庶務など
それぞれを専門に担当していた人でも、転職に支障はありませんが、
30代・40代・50代の方でこのような専門性をアピールされても
私たち面接官には、幹部・幹部候補生という年代を考えると考えものです。

 

 

例えば、採用・教育研修職を長年携わってきた会社の業績不振で、
退職して転職活動している応募者に対して、私たち面接官は
・採用時の人材を見る目がなかったのではないか?
・教育研修に失敗したのではないか?

 

中高年になるまで特定の職種を長年経験しているとこのように推測します。

 

 

このような面接官の不安や疑問を払拭するには
・採用してきた総人数
・教育研修の実施状況(回数・効果・対象者など)
・組合交渉や人件費削減実践とその効果、人事制度構築方法など
このように、具体的に面接官に明確なイメージを与えることが効果的です。

総務職は大所高所から会社全体を見渡す力が大事

職務別転職面接のコツでも触れましたが、
総務という仕事は、「会社のお母さん」的な職務だと考えています。
労務管理や受付、資産管理、法務、冠婚葬祭など
数え上げればきりがないくらい多くの業務がありますが、
要は、雑務と言っても過言ではないでしょう。

 

そういった職務ですから、30代・40代・50代の転職応募者には
臨機応変でフットワークの軽さと、社内全体を見渡せる大局観が求められます。

 

 

 






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

人事・総務の場合関連ページ

営業職の場合
30代、40代、50代の転職活動を有利にするコツと注意点をご案内
経理・財務の場合
30代、40代、50代の経理・財務職転職活動を有利にするコツと注意点をご案内
経営企画の場合
30代、40代、50代の経営企画の転職活動を有利にするコツと注意点をご案内