クリエイティブ職への転職-面接官が教える上手な転職面接

クリエイティブ職への転職面接での質問

前職がクリエイティブ職だった転職面接者には、 ・当社で挑戦したことがありますか ・仕事を進めるうえでいつも心がけていることを教えてください ・前職での作品完成までの過程を教えてください このような質問を行います。

アーティストとクリエイターの違いを認識することが重要

デザイナーやコピーライターのようなクリエイティブ職の方には、 私たち面接官は、転職面接者にビジネス感覚やビジネスセンスの有無をチェックします。 基本的には、見ることができれば、これまで手掛けてきた作品が 評価対象になります。 質問も、自然に、その作品に関してのものが多くを占めます。 そこで質問する本当の狙いは、 応募者がビジネスセンスを有しているかどうかです。 芸術作品に携わっていても、アーティストではない! そのような自覚があるかどうかなのです。

チームでの遂行力も重要

クリエイティブ職は単独での作業が中心になりますが、 実際は、チームの一員として業務するのが一般的です。 作品が完成するまでの過程を話してもらうことで、 転職面接者がどんな人と仕事をして、 どんな役割を果たしたのか、どんな作業を行ってきたのかなどを把握します。 さらには、それらを経験することでどんな収穫があったのかまで掘り下げます。




<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール