転職面接は開始1分が勝負。1分で採用が決まるポイントは3つ!

転職面接で面接官の心をつかむ回答ポイント

 

 

 

   

 

 

面接では、30分〜1時間という短い時間で、
転職応募者の人材を評価します。
そして、長い将来にわたって仕事を共にする社員を採用するのですから、
面接官にとっては、その瞬間瞬間が、真剣勝負です。

 

 

 

面接官は、最初の5分〜10分の間で、
応募者の採用・不採用の印象を持ちます。
そして、その印象が正しいかどうか、その裏付けを求めて
残りの20分〜50分を職務経験や職務能力などの質問をします。

 

 

 

転職応募者が面接室に入室してからわずか5分ほどで
面接官の気持ちは決まっているのですから、
応募者としては、面接室に入室してから1〜2分で、
あなたの「人材」としての価値をアピールしなければなりません。

 

 

 

そのためには、この3つのポイントが重要です。

 

 回答は30秒から1分以内に納める

 

 

 面接官が興味をもつキーワードを盛り込む

 

 

 面接官の表情を見極めながら回答する

 

 

短い回答の中にキーワードを盛り込む

 

質問に答える回答は、
面接官が興味を示すキーワードを盛り込むことが重要です。
面接官はあなたの回答に対して、さらに突っ込んだ質問をしてきます。
これは、あなたの回答に興味を持った証拠です。

 

 

 

 

せっかく興味を持ってくれているのですから、
一つの質問に対して長々と回答するのは逆効果
面接官の記憶には残らなくなってしまいます。
そして、面接時間も減っていきますし、回答に対する質問はなくなり、
形式的な質問が進められていくだけの、「やっつけ」面接になります。

 

 

 

そうならないためにも、
回答時間は30秒から1分以内に納めるように心がけましょう。
回答が単調な「はい」「いいえ」の回答は厳禁です。
相手との言葉のキャッチボールをするためには、
面接官に興味を持ってもらえる、あなたの「商品」を売り込みましょう。

自己満足で終わらない

 

質問に対する回答は、面接官が理解する必要があります。
面接官が首をかしげるような回答は、厳禁です。

 

 

 

あなただけが理解できる自己満足の回答ではなく、
面接官が理解でき、印象に残る回答を意識しましょう。
回答が長くなるようであれば、結論を先に述べておいて、
次に裏付けの経験を説明すると理解しやすく、印象にも残ります。

 

 

 

さらに、回答の際は面接官の目を見ながら笑顔で回答しましょう。
その際、面接官の表情にも気を配るようにしましょう。
面接官が興味を持っていそうにない、あるいは、時計を見るようであれば、
回答を簡潔にして短めに納めることが大事です。






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

1分で面接官の心をつかむ回答関連ページ

面接質問の傾向と対策!
面接までこぎつければ内定はもうすぐそこまで来ています。最後は傾向と対策を確実にしておきましょう。
新卒面接との違いを理解する
転職面接では即戦力になる人材を探す面接ですから、実務のプロをアピールすることが大事です。
面接官の視点を理解する
過去のネガティブ体験の回答は、面接では何の評価にもなりません。
求められている職務能力・人物像を想定する
転職面接では、求められている職務能力・人物像の把握して、万全の対策をしてから臨みましょう。
発揮できる強みを整理する
経験と実績を自分の強みにつなげてアピールすることで採用される。
転職面接の3つのポイント
成功する転職面接は、自分を売り込む、言葉のキャッチボール、キーワードがポイントです。
面接の流れ
面接では最初の第一印象で採否が決まると言って過言ではありません。5分間で入社意欲をアピールすることが大事です。
好感をもたれる身だしなみ・マナー
転職面接では第一印象で応募者の採用・不採用が決まると言って過言でありません。
職務経験を質問されたとき
職務経験の回答は単なる回答は採用に結び付きません。活かせる経験を回答すべきです。
転職・退職理由を聞かれたとき
退職理由の回答は、不平不満ではなく、やりたいことをアピールしましょう。
志望動機を聞かれたとき
志望動機の質問には応募企業に活かせる職務経験があることをアピールしましょう。
自己PRをもとめられたとき
自己PRでは、職務経験に基づく成果をアピールしましょう。
職種が未経験だと言われたとき
未経験の職種だと指摘されたときは、その職種を志望する具体的な理由を示すことが大切です。
2次面接・役員面接の対策
2次面接・役員面接で回答を変えてはNO。ステージアップするのは前回の面接がOKだったから。入社意欲を最大にアピールしましょう。
圧迫面接の対策
圧迫面接の質問は、いったんは肯定してその後自分の意見を述べることが効果的です。
企業が求める人物像を知る
会社は求人をかけるとき、採用人材のイメージを持っています。そのイメージに近い応募者になることが転職面接成功の近道です