転職面接では最初の5分間で入社意欲を伝え、自分を売り込むことが大事です。

一般的な面接の流れ

 

  

 

 

最初の5分間で採否が決まると心得ましょう

面接時間は会社によって決まった時間はありません。
また、面接者の職務経験や能力などによっても、
それぞれに合わせて質問をしますので、
決まった時間というのはありません。

 

 

 

当社では通常、1時間程度を面接に当てています。
会社によっては30分という所もあるようですが、
その時間では、人材を見極めることは無理だと考えています。
初対面から30分で、その応募者が当社にふさわしいかなど
見極められる人は、神レベルの人材発掘者だと思います。
その面接官は、恋人、配偶者も30分で決められるんでしょうね。

 

 

 

私たちは1時間でも短いと思っています。
しかし、大勢に応募者とお会いするには、
1回、1時間という時間しか当てられません。
そこで、その1時間の中で、採否の判断をするため
応募者の入室から退室までのすべての行動、振舞いを判断材料にします。

 

 

 

つまり、その面接での採用、不採用の決定要素は
応募者が面接室のドアをノックするときから始まっていると心得ましょう。

 

 

 

そして、最初の5分で採用か不採用かの印象が決まっていると思ってください。
それ以降の時間は、その判断が正しいかどうかを軸にして質問していきます。
応募者の入室時の表情、態度から第一印象が決まり、
およそ5分から10分のうちに行われる職務経歴や志望動機などの定番質問の回答で、
自社にふさわしい人材かをほぼ判断していくのです。

 

 

 

かりに、あまりにも面接時間が短い場合、
その応募者は面接官の興味をひかなかったと考えましょう。
つまり、採用される可能性は少ないということです。

 

 

  【一般的な面接の流れ】

  質問内容 面接官の意図
入室〜10分 職務経験・退職理由・志望理由 採否の印象を持つ
10〜40分 会社、職務説明、突っ込んだ質問 採否の判断の確証を持つ
最期の10分 応募者からの質問 入社意欲を見極める

 

最期の5分間で入社意欲を示すことが重要です

 

面接官は最期の5分間で、
応募者が本当に入社する意欲があるかどうかを見極めます。

 

 

 

面接官の「質問はありませんか」という問いに対しては、
「ありません」と一言で終わるようでは採用されません。
というのも、内定を出した後に辞退される可能性があると考えるからです。

 

 

 

最期の5分間も気を抜かず、

 

「ぜひ御社に入社して頑張りたいと思います」

 

と、入社意欲を言葉で示すようにしましょう。

 

 






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

面接の流れ関連ページ

面接質問の傾向と対策!
面接までこぎつければ内定はもうすぐそこまで来ています。最後は傾向と対策を確実にしておきましょう。
新卒面接との違いを理解する
転職面接では即戦力になる人材を探す面接ですから、実務のプロをアピールすることが大事です。
面接官の視点を理解する
過去のネガティブ体験の回答は、面接では何の評価にもなりません。
求められている職務能力・人物像を想定する
転職面接では、求められている職務能力・人物像の把握して、万全の対策をしてから臨みましょう。
発揮できる強みを整理する
経験と実績を自分の強みにつなげてアピールすることで採用される。
転職面接の3つのポイント
成功する転職面接は、自分を売り込む、言葉のキャッチボール、キーワードがポイントです。
好感をもたれる身だしなみ・マナー
転職面接では第一印象で応募者の採用・不採用が決まると言って過言でありません。
1分で面接官の心をつかむ回答
転職面接は開始5分までで合否が決まります。開始1分で面接官があなたの魅力にひきつけられる回答をしましょう。
職務経験を質問されたとき
職務経験の回答は単なる回答は採用に結び付きません。活かせる経験を回答すべきです。
転職・退職理由を聞かれたとき
退職理由の回答は、不平不満ではなく、やりたいことをアピールしましょう。
志望動機を聞かれたとき
志望動機の質問には応募企業に活かせる職務経験があることをアピールしましょう。
自己PRをもとめられたとき
自己PRでは、職務経験に基づく成果をアピールしましょう。
職種が未経験だと言われたとき
未経験の職種だと指摘されたときは、その職種を志望する具体的な理由を示すことが大切です。
2次面接・役員面接の対策
2次面接・役員面接で回答を変えてはNO。ステージアップするのは前回の面接がOKだったから。入社意欲を最大にアピールしましょう。
圧迫面接の対策
圧迫面接の質問は、いったんは肯定してその後自分の意見を述べることが効果的です。
企業が求める人物像を知る
会社は求人をかけるとき、採用人材のイメージを持っています。そのイメージに近い応募者になることが転職面接成功の近道です