面接では、どの回答も入社後貢献に焦点を絞ることがコツです。

面接官の視点

 

 

 

面接は、おおよお30分〜1時間で行なわれます。
この短い時間で、目の前の転職応募者が
将来にわたって会社に貢献できる人材かどうかを見極めるのですから、
面接官は、重大な責任を負わせれて面接に立ち向かっていると言えます。

 

 

 

わずか30〜60分と限られた時間ですから、
面接官の質問はそれぞれに、重要な意図を持っています。
何気ない気候の話しや雑談の中にも、応募者の審査が行われています。

 

 

面接官が面接中に転職応募者を審査する項目は、
大きく3つあります。

 

 

面接官の視点

 

求めている職務能力、労働条件と合致するか(職務能力、労働条件)

 

 

組織適応力に問題はないか(人間性)

 

 

自社への思いが強く仕事に意欲的か(意欲)

 

職務能力、適応力、条件面をチェック

 

転職面接では、最低部分の確認として、

 

 採用側が求めている職務能力に合致しているか

 

 

 組織適応力や労働条件に問題がないか

 

 

 

この部分を見極めるという視点から面接が始まります。

 

 

 

このとき、応募企業と関連性のない職務経験や、
前職の不平や不満を語り始める応募者がいます。

 

 

もし、面接官が耳傾けてくれているとしても、
聞き流していると考えて間違いありません。
それは面接官の顔、手元に注意すれば分かりますが、
ただ、聞いているだけでメモはしていないはずです。

 

 

 

メモを取っているとしても、
それは応募者のこれまでの苦労話を記録しているのではなく、
苦労した経験が当社の仕事にどのように影響するかを考えているのです。

 

 

 

どのような質問に対する回答でも、
入社後に貢献できることに焦点を絞って語るべきです。

 

ネガティブな過去に時間を割かない

 

限られた面接時間で、ネガティブな退職理由の説明など、
過去に関する回答に時間を費やされると、
面接官は、現在の職務能力や今後の貢献度に関する質問に
時間を割けなくなってしまいます。

 

 

 

面接官が目的とする質問ができないでその回答がないとなれば
面接官にすれば、その面接はなかったと同じことになります。

 

 

 

したがって、回答のボリュームゾーンは、
現在と入社後の職務能力に当てるべきです。

 

 

 

時間を割く職務能力の質問に関しては、
面接官に納得してもらう回答を行なうために面接官の視点に立って、
即戦力となり貢献できる人材であることを理解してもらうことが大切です。

 






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

面接官の視点を理解する関連ページ

面接質問の傾向と対策!
面接までこぎつければ内定はもうすぐそこまで来ています。最後は傾向と対策を確実にしておきましょう。
新卒面接との違いを理解する
転職面接では即戦力になる人材を探す面接ですから、実務のプロをアピールすることが大事です。
求められている職務能力・人物像を想定する
転職面接では、求められている職務能力・人物像の把握して、万全の対策をしてから臨みましょう。
発揮できる強みを整理する
経験と実績を自分の強みにつなげてアピールすることで採用される。
転職面接の3つのポイント
成功する転職面接は、自分を売り込む、言葉のキャッチボール、キーワードがポイントです。
面接の流れ
面接では最初の第一印象で採否が決まると言って過言ではありません。5分間で入社意欲をアピールすることが大事です。
好感をもたれる身だしなみ・マナー
転職面接では第一印象で応募者の採用・不採用が決まると言って過言でありません。
1分で面接官の心をつかむ回答
転職面接は開始5分までで合否が決まります。開始1分で面接官があなたの魅力にひきつけられる回答をしましょう。
職務経験を質問されたとき
職務経験の回答は単なる回答は採用に結び付きません。活かせる経験を回答すべきです。
転職・退職理由を聞かれたとき
退職理由の回答は、不平不満ではなく、やりたいことをアピールしましょう。
志望動機を聞かれたとき
志望動機の質問には応募企業に活かせる職務経験があることをアピールしましょう。
自己PRをもとめられたとき
自己PRでは、職務経験に基づく成果をアピールしましょう。
職種が未経験だと言われたとき
未経験の職種だと指摘されたときは、その職種を志望する具体的な理由を示すことが大切です。
2次面接・役員面接の対策
2次面接・役員面接で回答を変えてはNO。ステージアップするのは前回の面接がOKだったから。入社意欲を最大にアピールしましょう。
圧迫面接の対策
圧迫面接の質問は、いったんは肯定してその後自分の意見を述べることが効果的です。
企業が求める人物像を知る
会社は求人をかけるとき、採用人材のイメージを持っています。そのイメージに近い応募者になることが転職面接成功の近道です