ブランクが長い理由で「転職活動長期化」は不利になります

前職を辞めてからずいぶん経過していますが大丈夫ですか?

 

 

面接官の質問意図

 

前職を退職してから、今回の就職活動まで期間が長い場合、
この間、転職応募者が何をしていたのかが気になります。
空白期間が長い転職応募者に対してこの質問は、
必須質問だと心得て回答を準備しておきましょう。

 

 

 

このような質問への回答は、転職エージェント転職サイトで、
模範解答を多数ストックしているので、相談するといいです。
併せて、模擬面接をして言葉の調子や、回答時の笑顔、立ち振る舞いなど
チェックしてもらうといいでしょう。

 

 

 

この質問では、ブランクの期間をどう過ごされていたかがポイントです。

 

ステップアップに向けてスキルアップに励んだ

 

結婚や出産、介護などの家庭従事に専念していた

 

転職活動が長期化した

 

独立をしたが最終的に失敗した

 

病気療養していた

 

 

いろいろな事情があったでしょうが、
仕事への意欲がどれほど残っているかが大事です。

 

そして、独立した経験がある場合は、経営者という立場から
社員という立場という、今までとは逆の立場になることの覚悟も問われます。

 

 

 

 

この質問には、3つの意図と狙いがあります。

 

転職応募者の面接 空白期間が長いが仕事への意欲は減退していないか

 

 

転職応募者の面接 独立など別のことをしていなかったか

 

 

転職応募者の面接 家庭環境や生活、健康に問題はないか

 

 

 

 

回答のコツ

 

自己啓発をしていた場合は、応募職種に活用できることを伝える

 

転職活動期間が長期化したという回答は控える

 

病気や家庭状況が理由だった場合は問題が解決したことを伝える

 

 

 

スキルアップの自己啓発をしていた場合は、その進捗状況と
応募職種にどのように貢献できるかをアピールすることが大切です。
たとえば、簿記や中小企業診断士などの資格を目指していたのであれば
その取得状況やそれらが応募企業でどのように活かすつもりなのかを
面接官がイメージできるように伝えましょう。

 

自己啓発が、書道や料理などは面接官に伝えるのは逆効果です。
また、応募職種とは関係ない資格やスキルアップも同様です。

 

 

 

転職活動が長期化していることも、評価になりません。
どこの会社からも敬遠される応募者には、
なにかしらの原因があると面接官は考えます。
どこの企業もいい人材と判断しない応募者を自社で採用するリスクを考えます。

 

 

 

結婚や育児、両親の介護などでブランク期間が長かった場合、
それらの事情が解決して、仕事に専念できる環境にあることをアピールしましょう。
空白期間が長期化していた理由を述べるだけでなく、
就職後、仕事に専念できることを面接官にイメージしてもらえなければ
採用は難しいと言えます。

 

 

 

 

 

採用されない応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 NG回答

社会保険労務士の資格を取得しようと資格の学校に通っていました。
このため、1年半のブランクになりました。
最短で合格しようと一生懸命勉強しましたが、
転職応募者の面接 合格はできませんでした。

 

社会保険労務士の資格取得が目標でしたが
転職応募者の面接 生活費が底をついてしまい、
仕事をしなければならなくなり、再就職することにしました。

 

 

 

 

この回答は、ココがダメ! 転職応募者の面接

 

 

合格はできませんでした。


 

 

 

この回答だけでは、面接官の不安は募ります。
再度チャレンジするかもしれないという疑念が残るからです。
また、仕事しながら通学することも想像できます。
いずれにしても仕事に専念する姿勢が見えないため、
採用は難しいと言えます。


 

 

 

 

この回答は、ココがダメ! 転職応募者の面接

 

 

生活費が底をついてしまい、
仕事をしなければならなくなり、再就職することにしました。


 

 

 

生活のために仕事をするのは、いかにも当然ですが
転職面接の場では、口にしては不利な言葉です。
実情はどうであれ、資格取得をあきらめ、
仕事に専念することを伝えるのが賢明な回答です。


採用される応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 YES回答

 

転職応募者の面接 社会保険労務士の資格を取得して、
人事や総務職のスキルを高めたいと考え専門学校に通っていました。
このため、1年半のブランクになりました。

 

念願の資格取得はできませんでしたが、
当初から1年半と決めていましたので、
これからは会社での仕事に専念させていただきます。

 

資格を目指している中で学習した転職応募者の面接 労働保険、社会保険業務など
知識を活かして、短期間で戦力慣れるよう頑張ってまいります。短期間で戦力慣れるよう頑張ってまいります。

 

 

 

 

この回答は、ココがOK! 転職応募者の面接

 

 

社会保険労務士の資格を取得して、
人事や総務職のスキルを高めたいと考え


 

 

 

独立できるような資格取得でのブランクの場合、
意図がスキルアップであっても、
企業内で活かすことを明確に伝えることが大事です。


 

 

 

この回答は、ココがOK! 転職応募者の面接

 

 

労働保険、社会保険業務など
知識を活かして、短期間で戦力慣れるよう頑張ってまいります。


 

 

 

ブランクの期間に行っていたことが、仕事にどのように貢献できるか
面接官にイメージできるように回答するのがコツです。


 

転職の面接はプロのサポートを受けると採用されやすい

 

 

 

 

当サイト管理人の会社でも活用している転職サイト

転職のプロに相談できる
【転職サイトDODA 】の転職支援

転職支援実績31万人!
【リクルートエージェント】

転職サイトはDODA

登録した応募者に、サイトでは非公開の求人を
キャリアカウンセリングの中で紹介しています。
求職者の希望とベストマッチする求人情報こそ、
「非公開求人」の中にあるのです。
この転職エージェントは頼りになりますよ!

無料エントリーで約90%が非公開求人を閲覧!
転職のプロがあなたをサポートします!
転職成功実績は業界ナンバーワンで
外資系企業への転職にも強いんです!

充実した転職・求人情報であなたの転職を支援
【@type】

JAC Recruitment
【ジェイ エイ シー リクルートメント】

 

年収

転職活動には「コツ」があります。
@typeでは、応募から選考、内定までの各プロセスに、アドバイザーがあなたと応募企業に合わせて様々にアドバイスしてくれます。

 

[アドバイス例]
応募書類対策
何百という書類を見てきたアドバイザーが丁寧添削

 

面接対策
想定質問をもとに、本番並のシミュレーション

 

企業のポイントを把握
企業に併せたアピールポイントの共有、合否に関わらず選考過程でのあなたにフィードバック

 

あなたの転職活動は飛躍的に変化します。

 

業界・職種に精通した総勢300名のコンサルタント
個別面談で転職のプロフェッショナルが転職サポート

転職サイト
【リクナビNEXT】

転職支援人材紹介会社
【マイナビエージェント】

求人情報を探す手間が要りません!
企業があなたにオファーを送ってくるシステム
リクナビNEXTの「スカウト登録」受付中
スカウト登録は匿名で可能。しかも無料!

 

 

設立40年以上の豊富な転職成功実績
全国の上場企業やベンチャー企業、隠れた優良企業の人事担当者と密接で太いパイプ






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

ブランクが長いですが大丈夫ですか?関連ページ

自営業でしたがまた独立しませんか
自営業から社員への転身は、再度独立の気持ちがないことを伝えることが重要です。
在職中だと難しいですね
在職中の転職活動は、入社可能な日程を明示することで求人企業との予定日を調整してもらうこと重要です。
リストラ退職
リストラ退職では言い訳、グチは致命傷!
セクハラ、パワハラ退職
不満による退職に対しては、やる気と前向き精神を訴えることが大事です
中高年の転職
中高年であることを卑下することなく成長できたエピソードを語りましょう
転職回数が多い
それぞれの転職や転職理由に一貫した信念を伝えよう
短期間での転職
短期間での退職はやりたいことの実現を目指すことがアピールポイントです。
アルバイト経験のみ
アルバイトのみの経験では、社会人マナーなども含めて職務能力の不足を吟味されます。
髪の色や髪型がふさわしくありません
職種によっては髪型や染色ヘアを制限されることがあります。その際の回答によって採用不採 用が決まりかねません。
前職は希望職種とは違った?
前職で希望する仕事ができなかったのかという質問は退職理由と転職目的 を関連させて応えることが重要です。
募集条件を満たしていない
募集条件と合致していなくても、求める能力があることをアピールすることで面接官を納得させましょう。
仕事をした経験がないんですね
社会人経験がない応募者は、気持ちを切り替えて働く決意と意欲をしっかり伝えるようにしましょう。
前職を体調不良で退職
前職を体調不良で退職した場合、体調回復していることをしっかり伝えて 、面接官の不安を取り除くことが大切です。
自分より若い社員が多い職場
自分より若い社員が多い職場に対する不安を問う質問は仕事を全うする気持ちと若い社員を導くリーダーシップが問われています。