この質問では、髪型や髪の色を変える決意や覚悟を問われています。

茶髪や長い髪は当社にはふさわしくありませんね

 

 

面接官の質問意図

 

転職エージェントや転職サイトに登録していて、そこからの応募であれば
そもそも、このような質問、指摘をされることはありません。

 

転職エージェントや転職サイトから、応募企業を紹介された時点で
採用条件に髪型やヘアカラーが制限されていることを説明されるからです。

 

 

 

一般に、募集広告などには髪型やヘアカラーのような条件は記載しません。
あまりにも細部な条件だからです。
そのような条件まで記載するとなれば、爪、ピアスなどと広がりすぎて
募集条件を記載しきれなくなります。

 

 

 

髪型や髪の色が制限されるのは、転職応募者にすれば
やり過ぎだと思うかもしれませんが、職種によっては
そうせざるを得ない業種、職種があります。

 

葬儀会館のスタッフが、ロックな髪型では困ります。
派手なヘアカラーもそぐいません。
また、ホテルなど接客スタッフが丸坊主というのも不自然です。

 

 

 

このように、募集職種にふさわしい髪型や髪の色があります。
この質問は、それに合せられるかどうかを問うていますが、
改めないと採用されない、ことを意味しています。

 

 

つまり、

 

応募者に改める意思があるか

 

指摘されたことに、どのような態度や表情を示すか

 

 

また、あまりにも意表をついたような髪型やヘアカラーの場合、

 

終業態度に問題はないか、人間関係を良好に築けるか

 

 

これらがポイントなのです。

 

 

この質問には、3つの意図と狙いがあります。

 

転職応募者の面接 改めるほど入社したいという強い意志があるか

 

 

転職応募者の面接 指摘に対してどのような態度・表情を示すか

 

 

転職応募者の面接 周囲と良好な人間関係を築ける人材か

 

 

 

 

 

回答のコツ

指摘に従い、即座に改めることを示す

 

不満や不服の表情は絶対に見せないで、謝罪する

 

承知していた場合、面接日まで多忙で対応できなかったことを謝罪する

 

 

採用されるためには、髪型、ヘアカラーを改めるしかありません。
指摘に対しては、すぐに謝罪の態度を示すべきです。
その際、不服な表情は絶対に禁物です。

 

 

 

髪型がふさわしくないと承知していながら
多忙で対応できなかった場合は、その旨を簡潔に伝え
すぐに改めることを伝えて面接官に理解してもらいましょう。

 

 

 

 

採用されない応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 NG回答

前職では、この髪型で仕事をしていました。
転職応募者の面接 会社からもお客様からも髪型で指摘されたことはありません。
どこがいけないのでしょうか?

 

転職応募者の面接 どれくらいの長さや髪の色ならいいのでしょう?
規定があるのでしたら、お教えください。

 

 

 

 

 

この回答は、ココがダメ! 転職応募者の面接

 

 

会社からもお客様からも髪型で指摘されたことはありません。


 

 

 

前職と応募企業は、事情がちがいます。
前職での事情を応募企業に持ち込む応募者は
当社にはなじめないと判断されて採用は困難です。


 

 

 

 

この回答は、ココがダメ! 転職応募者の面接

 

 

どれくらいの長さや髪の色ならいいのでしょう?


 

 

 

親切に答えるとしたら、
「どこでもいいから、同じ業種のお店の店員をみてください」
このように、回答しますが、
現実的には、応募者がこの質問をするまでの回答状況で
面接官には、すでに採用の意志はありません。


 

採用される応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 YES回答

 

申し訳ありません。すぐに改めます。
転職応募者の面接 面接までに染め直して髪をカットしようと思っていましたが
ここのところ、休みが取れないで行きそびれていました。
転職応募者の面接 このあと、すぐに髪をカットして黒に染め直します。

 

 

 

 

 

この回答は、ココがOK! 転職応募者の面接

 

 

面接までに染め直して髪をカットしようと思っていましたが
ここのところ、休みが取れないで行きそびれていました。


 

 

 

本来は、髪型や髪の色について、理解していたことと
改める必要性を承知していたことを伝えて、謝罪することは
面接官の心証をそれ以上悪くすることを避けられます。


 

 

 

この回答は、ココがOK! 転職応募者の面接

 

 

このあと、すぐに髪をカットして黒に染め直します。


 

 

 

すぐに対応することを面接官に伝えることが重要です。


 

転職の面接はプロのサポートを受けると採用されやすい

 

 

 

 

当サイト管理人の会社でも活用している転職サイト

転職のプロに相談できる
【転職サイトDODA 】の転職支援

転職支援実績31万人!
【リクルートエージェント】

転職サイトはDODA

登録した応募者に、サイトでは非公開の求人を
キャリアカウンセリングの中で紹介しています。
求職者の希望とベストマッチする求人情報こそ、
「非公開求人」の中にあるのです。
この転職エージェントは頼りになりますよ!

無料エントリーで約90%が非公開求人を閲覧!
転職のプロがあなたをサポートします!
転職成功実績は業界ナンバーワンで
外資系企業への転職にも強いんです!

充実した転職・求人情報であなたの転職を支援
【@type】

JAC Recruitment
【ジェイ エイ シー リクルートメント】

 

年収

転職活動には「コツ」があります。
@typeでは、応募から選考、内定までの各プロセスに、アドバイザーがあなたと応募企業に合わせて様々にアドバイスしてくれます。

 

[アドバイス例]
応募書類対策
何百という書類を見てきたアドバイザーが丁寧添削

 

面接対策
想定質問をもとに、本番並のシミュレーション

 

企業のポイントを把握
企業に併せたアピールポイントの共有、合否に関わらず選考過程でのあなたにフィードバック

 

あなたの転職活動は飛躍的に変化します。

 

業界・職種に精通した総勢300名のコンサルタント
個別面談で転職のプロフェッショナルが転職サポート

転職サイト
【リクナビNEXT】

転職支援人材紹介会社
【マイナビエージェント】

求人情報を探す手間が要りません!
企業があなたにオファーを送ってくるシステム
リクナビNEXTの「スカウト登録」受付中
スカウト登録は匿名で可能。しかも無料!

 

 

設立40年以上の豊富な転職成功実績
全国の上場企業やベンチャー企業、隠れた優良企業の人事担当者と密接で太いパイプ






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

髪の色や髪型がふさわしくありません関連ページ

自営業でしたがまた独立しませんか
自営業から社員への転身は、再度独立の気持ちがないことを伝えることが重要です。
在職中だと難しいですね
在職中の転職活動は、入社可能な日程を明示することで求人企業との予定日を調整してもらうこと重要です。
ブランクが長いですが大丈夫ですか?
前職退職から空白期間が長い場合の質問は労働意欲がポイントになります。またスキルアップを図っていた場合は、仕事に活かせるようアピールしましょう。
リストラ退職
リストラ退職では言い訳、グチは致命傷!
セクハラ、パワハラ退職
不満による退職に対しては、やる気と前向き精神を訴えることが大事です
中高年の転職
中高年であることを卑下することなく成長できたエピソードを語りましょう
転職回数が多い
それぞれの転職や転職理由に一貫した信念を伝えよう
短期間での転職
短期間での退職はやりたいことの実現を目指すことがアピールポイントです。
アルバイト経験のみ
アルバイトのみの経験では、社会人マナーなども含めて職務能力の不足を吟味されます。
前職は希望職種とは違った?
前職で希望する仕事ができなかったのかという質問は退職理由と転職目的 を関連させて応えることが重要です。
募集条件を満たしていない
募集条件と合致していなくても、求める能力があることをアピールすることで面接官を納得させましょう。
仕事をした経験がないんですね
社会人経験がない応募者は、気持ちを切り替えて働く決意と意欲をしっかり伝えるようにしましょう。
前職を体調不良で退職
前職を体調不良で退職した場合、体調回復していることをしっかり伝えて 、面接官の不安を取り除くことが大切です。
自分より若い社員が多い職場
自分より若い社員が多い職場に対する不安を問う質問は仕事を全うする気持ちと若い社員を導くリーダーシップが問われています。