短期の退職は自社でもすぐに辞めていくのではないかと思われます。

短期間で前職を辞めていますが、何かありましたか?

 

 

面接官の質問意図

 

中途採用の場合、面接官は転職応募者の前職勤務期間が非常に気になります
あまりにも短期間だとその事情を面接官から質問されると思って、準備しておきましょう。

 

 

一般に勤務期間で短期とは2年だと考えます。
2年以内の転勤は、何らかの事情がない限り、
応募者が飽きっぽい性格だと考えます。

しかも、2年前後の期間で複数の職場を退職していれば
面接官は応募者を慎重に評価します。

 

 

また、自分が目指す職務とは違うための転職については
数か月での退職、1〜2年での退職、それぞれ考え方が違ってきます。

 

自分がやりたいことと全く違う、入社時の約束と違う職種だった
そのため数ヶ月で辞めた、という事情もあるでしょうし、

 

約束とは違うけれど、人事異動での配置転換を会社や上司に申し出て
その機会を待っていたが、将来的に無理だと判断して
転職をけつだんしたという事情もあるでしょう。

 

 

いずれの場合も、事情はよく理解できます。
しかし、いずれにしても、応募者の意欲、理想を詳しく説明してもらうことには変わりありません。

 

 

また、退職理由を説明する際に、
会社批判や、上司批判はぜったいに禁物です。
批判や不満は、個人の考えであり、
それを踏まえて会社に対してどのように貢献するかを伝えるべきです。

 

 

 

この質問には、3つの意図と狙いがあります。

 

転職応募者の面接 当社でもすぐに辞めていくのではないか

 

 

転職応募者の面接 前職での職務能力や人間関係に問題はなかったか

 

 

転職応募者の面接 退職理由の説明で会社批判をしていないか

 

 

 

 

 

回答のコツ

 

やりたいことを実現させたいことを、志望動機と絡めてアピールする

 

応募企業での求人内容と実現したいことが合致していることを伝える

 

短期間での退職そのものにとらわれずに就職後の活躍をアピールする

 

 

 

 

面接官は、応募者が飽きっぽい性格を持っているのではないかと
そのあたりを探る質問をします。

 

 

飽きっぽい性格だから退職したのではなく、
自分の理想とする職務や、就職時の約束とはかけ離れた仕事内容だったこと
理想とする仕事、約束の仕事への変更を依頼したが、無理なことなど、
努力したことをしっかり伝えることが大事です。

 

 

 

とくに、
会社批判や上司批判、人間関係での不和などの回答は、絶対にタブーです。

 

 

 

 

採用されない応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 NG回答

正社員募集との求人で入社しましたが、
入社してみると契約社員としての採用になっていました。
所属の上司に相談しましたが、納得できる回答ではないため、
会社不審が日増しにふくらみ、3ヶ月で退職しました。

 

転職応募者の面接 求人募集には正社員募集とあり、
契約社員のことはどこにも記載されていませんでした。
面接のときも契約社員募集はまったく触れられていません。

 

転職応募者の面接 私の履歴書に一つの汚点が付きましたが、
前職の対応が悪いので仕方ないと思っています。

 

 

 

 

この回答は、ココがダメ! 転職応募者の面接

 

 

求人募集には正社員募集とあり、
契約社員のことはどこにも記載されていませんでした。
面接のときも契約社員募集はまったく触れられていません。


 

 

 

事情が事実であっても、言い訳と解釈されかねません。
言った、言わないと思われる事情は、長々話すのは得策ではありません。


 

 

 

 

この回答は、ココがダメ! 転職応募者の面接

 

 

私の履歴書に一つの汚点が付きましたが、
前職の対応が悪いので仕方ないと思っています。


 

 

 

実際の仕事でも、自分の非を認めないで、
責任転嫁する人材と評価されかねません。
自分の非を受け入れて、それをどう活かすかを回答するべきです。


 

採用される応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 YES回答

 

転職応募者の面接 正社員の募集で入社しましたが、契約社員で採用されていました。
そのため、3ヶ月で退職いたしました。

 

入社時に確認しなかった私にも非があると考えています。
転職応募者の面接 短期間でしたが、マーケティングの知識を学ぶ機会があったのは
私にとって決して無駄ではなく、御社での業務にも活かせると思っています。

 

正社員として、御社で力の限り尽くしたいと考えています。

 

 

 

 

 

この回答は、ココがOK! 転職応募者の面接

 

 

正社員の募集で入社しましたが、契約社員で採用されていました。
そのため、3ヶ月で退職いたしました。


 

 

 

方向性が違うことを簡潔に伝えることで、面接官に理解してもらう。


 

 

 

この回答は、ココがOK! 転職応募者の面接

 

 

短期間でしたが、マーケティングの知識を学ぶ機会があったのは
私にとって決して無駄ではなく、御社での業務にも活かせると思っています。


 

 

 

短期間であったとしても、その期間で活かせるモノを学んだことを伝えることで
業務に取り組む意欲や姿勢が高いことをアピールできる。


 

転職の面接はプロのサポートを受けると採用されやすい

 

 

 

 

当サイト管理人の会社でも活用している転職サイト

転職のプロに相談できる
【転職サイトDODA 】の転職支援

転職支援実績31万人!
【リクルートエージェント】

転職サイトはDODA

登録した応募者に、サイトでは非公開の求人を
キャリアカウンセリングの中で紹介しています。
求職者の希望とベストマッチする求人情報こそ、
「非公開求人」の中にあるのです。
この転職エージェントは頼りになりますよ!

無料エントリーで約90%が非公開求人を閲覧!
転職のプロがあなたをサポートします!
転職成功実績は業界ナンバーワンで
外資系企業への転職にも強いんです!

充実した転職・求人情報であなたの転職を支援
【@type】

JAC Recruitment
【ジェイ エイ シー リクルートメント】

 

年収

転職活動には「コツ」があります。
@typeでは、応募から選考、内定までの各プロセスに、アドバイザーがあなたと応募企業に合わせて様々にアドバイスしてくれます。

 

[アドバイス例]
応募書類対策
何百という書類を見てきたアドバイザーが丁寧添削

 

面接対策
想定質問をもとに、本番並のシミュレーション

 

企業のポイントを把握
企業に併せたアピールポイントの共有、合否に関わらず選考過程でのあなたにフィードバック

 

あなたの転職活動は飛躍的に変化します。

 

業界・職種に精通した総勢300名のコンサルタント
個別面談で転職のプロフェッショナルが転職サポート

転職サイト
【リクナビNEXT】

転職支援人材紹介会社
【マイナビエージェント】

求人情報を探す手間が要りません!
企業があなたにオファーを送ってくるシステム
リクナビNEXTの「スカウト登録」受付中
スカウト登録は匿名で可能。しかも無料!

 

 

設立40年以上の豊富な転職成功実績
全国の上場企業やベンチャー企業、隠れた優良企業の人事担当者と密接で太いパイプ






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

短期間での転職関連ページ

自営業でしたがまた独立しませんか
自営業から社員への転身は、再度独立の気持ちがないことを伝えることが重要です。
在職中だと難しいですね
在職中の転職活動は、入社可能な日程を明示することで求人企業との予定日を調整してもらうこと重要です。
ブランクが長いですが大丈夫ですか?
前職退職から空白期間が長い場合の質問は労働意欲がポイントになります。またスキルアップを図っていた場合は、仕事に活かせるようアピールしましょう。
リストラ退職
リストラ退職では言い訳、グチは致命傷!
セクハラ、パワハラ退職
不満による退職に対しては、やる気と前向き精神を訴えることが大事です
中高年の転職
中高年であることを卑下することなく成長できたエピソードを語りましょう
転職回数が多い
それぞれの転職や転職理由に一貫した信念を伝えよう
アルバイト経験のみ
アルバイトのみの経験では、社会人マナーなども含めて職務能力の不足を吟味されます。
髪の色や髪型がふさわしくありません
職種によっては髪型や染色ヘアを制限されることがあります。その際の回答によって採用不採 用が決まりかねません。
前職は希望職種とは違った?
前職で希望する仕事ができなかったのかという質問は退職理由と転職目的 を関連させて応えることが重要です。
募集条件を満たしていない
募集条件と合致していなくても、求める能力があることをアピールすることで面接官を納得させましょう。
仕事をした経験がないんですね
社会人経験がない応募者は、気持ちを切り替えて働く決意と意欲をしっかり伝えるようにしましょう。
前職を体調不良で退職
前職を体調不良で退職した場合、体調回復していることをしっかり伝えて 、面接官の不安を取り除くことが大切です。
自分より若い社員が多い職場
自分より若い社員が多い職場に対する不安を問う質問は仕事を全うする気持ちと若い社員を導くリーダーシップが問われています。