家族と協議して家業を継ぐ意思がないことを明言することが大切です。

実家が自営業だと後を継ぐのでは?

 

 

面接官の質問意図

 

実家が会社やお店を経営している応募者の場合、
面接官は、その応募者が後をを引き継ぐため辞めていくことを懸念します。

 

 

 

将来のことは、誰も分かりません。
将来、事情が変わって、後を引き継ぐために退職することになるかもしれませんが
面接の場では、きっぱりと、この質問に対して否定の回答をしてほしいものです。

 

 

 

将来、どうなるかはわからないとしても、

 

「現時点で、応募者の決意のほどを確認したい」

 

それが、この質問の意図です。

 

 

 

この質問には、3つの意図と狙いがあります。

 

転職応募者の面接 短期間で辞めていくのではないか

 

 

転職応募者の面接 家族と後継について話し合っているか

 

 

転職応募者の面接 当社への入社意欲が本物か

 

 

 

 

 

回答のコツ

 

継ぐつもりがないことを明言する

 

 

家族ともこの件で十分に話し合っていることを伝える

 

 

家業や実家が店を経営している場合、
その後継者になる可能性が高い応募者は
いずれは、家業を継ぐために退職します。
そのことは、面接官も長い経験で何度も体験しています。

 

 

 

そのため、将来はどう変化するか分からないとしても、
面接の時点では、退職する意志がないことをしっかり伝えることが大切です。

 

 

 

さらに、その際には自分だけの気持ちだけではなく、
家族ともしっかり話し合って、家族の了解を得ていることを伝えると
より効果的です。

 

 

 

 

 

 

採用される応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 YES回答

 

いいえ。
私は学校卒業後、一般の会社に入社しましたが
兄は、学校卒業と同時に父の会社に入社しました。
現在は、兄夫婦が父のもとで働いています。

 

転職応募者の面接 兄が実家を継ぐことを家族で決めていますので
私が家業を継ぐことはありません。

 

転職応募者の面接 これまでも経験を活かして、御社で最後まで尽くしたいと思っています。

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK! 

 

兄が実家を継ぐことを家族で決めていますので


 

 

 

家業を継がないことを明言しながら、
それが家族に了解されていることを伝えることで
面接官は安心します。


 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK!

 

 

これまでも経験を活かして、御社で最後まで尽くしたいと思っています。


 

 

 

最期まで当社で力を発揮することを伝えることで、
入社意欲が高いことが伝わります。


 

転職の面接はプロのサポートを受けると採用されやすい

 

 

 

 

当サイト管理人の会社でも活用している転職サイト

転職のプロに相談できる
【転職サイトDODA 】の転職支援

転職支援実績31万人!
【リクルートエージェント】

転職サイトはDODA

登録した応募者に、サイトでは非公開の求人を
キャリアカウンセリングの中で紹介しています。
求職者の希望とベストマッチする求人情報こそ、
「非公開求人」の中にあるのです。
この転職エージェントは頼りになりますよ!

無料エントリーで約90%が非公開求人を閲覧!
転職のプロがあなたをサポートします!
転職成功実績は業界ナンバーワンで
外資系企業への転職にも強いんです!

充実した転職・求人情報であなたの転職を支援
【@type】

JAC Recruitment
【ジェイ エイ シー リクルートメント】

 

年収

転職活動には「コツ」があります。
@typeでは、応募から選考、内定までの各プロセスに、アドバイザーがあなたと応募企業に合わせて様々にアドバイスしてくれます。

 

[アドバイス例]
応募書類対策
何百という書類を見てきたアドバイザーが丁寧添削

 

面接対策
想定質問をもとに、本番並のシミュレーション

 

企業のポイントを把握
企業に併せたアピールポイントの共有、合否に関わらず選考過程でのあなたにフィードバック

 

あなたの転職活動は飛躍的に変化します。

 

業界・職種に精通した総勢300名のコンサルタント
個別面談で転職のプロフェッショナルが転職サポート

転職サイト
【リクナビNEXT】

転職支援人材紹介会社
【マイナビエージェント】

求人情報を探す手間が要りません!
企業があなたにオファーを送ってくるシステム
リクナビNEXTの「スカウト登録」受付中
スカウト登録は匿名で可能。しかも無料!

 

 

設立40年以上の豊富な転職成功実績
全国の上場企業やベンチャー企業、隠れた優良企業の人事担当者と密接で太いパイプ






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

将来家業を継ぐのでは?関連ページ

何か質問はありますか?
応募者に疑問点などを聞かれますが、職務内容や会社の基本方針などを質問するのが無難です。
この仕事で大切なことは何?
仕事をするうえで重要だと考えていることを質問されます。
これまで何社応募しましたか
応募数の質問に対する回答は、応募数が多い場合、当たり障りがない3社程度を答えることが無難です。
転職活動状況を教えてください
前職を退職して、数か月以上経過している転職応募者には、面接官としてはこのあたりは気になるものです。
奥様は転職について何か言っていますか?
新婚、新築、出産間際などの応募者には家族の理解・協力を得られているのかが重要です。
職場で苦手なタイプは?
職場は人の集まりで小さな社会で、そこでの良好な人間関係を保つことが大事です。
別の部署を提示された場合
希望職種と違う部署を提示された場合、そちらで採用される可能性は高いです。積極的に発揮できる能力をアピールしましょう。
上司と意見が対立したことは?
自分の意見を押し通すのではなく、企業利益を基に上司と話し合い従 う姿勢をアピールしましょう。