管理職者として、失敗を次の成功に導く過程が重要視されます。

管理職-管理職での失敗経験はありますか?

 

 

面接官の質問意図

 

管理職者ともなると、自分に対してある程度のプライドを持っています。
若くして課長や係長の位置にある人は、自分では気づかなくても
面接中の姿勢や態度、言葉の端々、会話の語調など、
日々、多くの人と接している面接官の私たちには、
その転職応募者の性格や人間性が見えてくるものです。

 

 

 

この質問には、そんな管理職経験者の人間性を見る意図があります。
管理職者という職位にあって、おごりや傲慢な部分がないか?
その点を見ます。

 

 

 

また、管理職者として日々、どのようなことを考えながら
部下の指導や育成、組織運営を行なっているか、それらが
この質問への回答でにじみ出てきます。

 

 

 

失敗を経験していた場合、
その失敗をステップアップにどのように繋げているか?
それも気になるところです。

 

 

この質問には、3つの意図と狙いがあります。

 

転職応募者の面接 管理職者という職位に傲慢さはないか

 

 

転職応募者の面接 失敗をそれだけにしないで、次に活かせているか

 

 

転職応募者の面接 失敗を成功に活かすよう日々考えているか

 

 

 

 

 

回答のコツ

 

失敗がない、という回答は管理職者としては経験不足を物語ります

 

問題意識をもって日々取り組んでいる姿勢を示すことが重要です

 

失敗を次の成功にどのように結ぶ付けたを語ることは効果的です

 

 

この質問に対して、失敗したことがないという回答は、
不採用を自ら申し出ているのと同じです。

 

 

 

管理職者としては、常に問題意識を持って行動するべきで、
どのような場合も、もっといい結果に出来なかったかを考えるべきです。

 

 

 

そこで、失敗がないと言える転職応募者は、
管理職者としての経験が少ないか、管理職者として意識が低いか、
面接官はそのように判断します。

 

 

 

回答のコツは、面接官を心配させないような経験談を話し、
それを次の成果へとどのように繋げて成功したかを伝えるべきです。

 

 

 

 

採用される応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 YES回答

 

以前、部下に実績だけを求める時期がありました。
転職応募者の面接 能力があっても実績が上げられない部下が定着せず、

 

プロセスを重視して、部下とのコミュニケーションを
こちらから進んで積極的に取るようにしたところ、
転職応募者の面接 定着率も上がり、実績にも反映できるようになりました。

 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK! 

 

能力があっても実績が上げられない部下が定着せず、


 

 

 

失敗談を語る場合は、面接官の理解を得るため、
マイナスイメージでも、軽く触れることが重要です。
それによって、信ぴょう性が高まりますし、
成功に導いた過程や成果が大きく浮き彫りされる効果があります。


 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK!

 

 

定着率も上がり、実績にも反映できるようになりました。


 

 

 

失敗を改善して、その効果や成果を示すことが重要です。


転職の面接はプロのサポートを受けると採用されやすい

 

 

 

 

当サイト管理人の会社でも活用している転職サイト

転職のプロに相談できる
【転職サイトDODA 】の転職支援

転職支援実績31万人!
【リクルートエージェント】

転職サイトはDODA

登録した応募者に、サイトでは非公開の求人を
キャリアカウンセリングの中で紹介しています。
求職者の希望とベストマッチする求人情報こそ、
「非公開求人」の中にあるのです。
この転職エージェントは頼りになりますよ!

無料エントリーで約90%が非公開求人を閲覧!
転職のプロがあなたをサポートします!
転職成功実績は業界ナンバーワンで
外資系企業への転職にも強いんです!

充実した転職・求人情報であなたの転職を支援
【@type】

JAC Recruitment
【ジェイ エイ シー リクルートメント】

 

年収

転職活動には「コツ」があります。
@typeでは、応募から選考、内定までの各プロセスに、アドバイザーがあなたと応募企業に合わせて様々にアドバイスしてくれます。

 

[アドバイス例]
応募書類対策
何百という書類を見てきたアドバイザーが丁寧添削

 

面接対策
想定質問をもとに、本番並のシミュレーション

 

企業のポイントを把握
企業に併せたアピールポイントの共有、合否に関わらず選考過程でのあなたにフィードバック

 

あなたの転職活動は飛躍的に変化します。

 

業界・職種に精通した総勢300名のコンサルタント
個別面談で転職のプロフェッショナルが転職サポート

転職サイト
【リクナビNEXT】

転職支援人材紹介会社
【マイナビエージェント】

求人情報を探す手間が要りません!
企業があなたにオファーを送ってくるシステム
リクナビNEXTの「スカウト登録」受付中
スカウト登録は匿名で可能。しかも無料!

 

 

設立40年以上の豊富な転職成功実績
全国の上場企業やベンチャー企業、隠れた優良企業の人事担当者と密接で太いパイプ






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

管理職-失敗経験はありますか?関連ページ

経理職-決算処理の経験がありますか?
決算の経験内容を簡潔に要領よく回答しましょう。未経験の場合は知識と意欲があることをアピールします。
経理職-経理は未経験ですね?
未経験職への転職は、即戦力になれるように自己啓発や資格取得の努力している姿をアピールすることが重要です。
総務職として発揮できる強みは?
会社に貢献する姿勢を示しながら、求人内容に沿った回答が求められます。
販売職-当社の店舗を見ましたか?
販売職を応募する場合、その店舗を見ておくことは重要です。
営業事務職として大切にしていることは?
営業事務は単なる事務ではなく売り上げに大きくかかわる部署との認識 が大切です。されます。
人事としての強みは何ですか?
強みを具体的に伝えながら、その細目質問も想定して回答しましょう。
採用業務の実績と苦労した点は?
実績と苦労した点の質問は、結果だけを回答するのではなく次にどう活かしたかを付けることでいい回答になります。
管理職として成果があった実績は?
管理職の成果は、具体的な数字と日頃の考え方を織り込みながら簡潔に回答しましょう。