実績の回答は自慢にならないように注意が必要です。

採用業務を行なってきた中で実績と苦労した点を教えてください

 

 

面接官の質問意図

 

採用業務に関わらず、前職で携わってきた職務内容について
誇れる実績と、苦労した点を転職応募者に質問するのは
中途採用面接の定番質問と言えます。

 

 

 

この質問の大きなポイントは、
履歴書や職務経歴書に書かれていることの確認です。
ですので、面接官に信ぴょう性を疑われるような回答はよくありません。

 

 

次に、この質問の狙いは実績や苦労したことで
応募者の経験度合いや熟練度を把握する点にあります。
したがって、苦労してないような回答は避けるべきです。

 

 

 

そして、苦労や実績を示しながら、応募企業において
即戦力になりうることをアピールしたいものです。

 

 

この質問には、3つの意図と狙いがあります。

 

転職応募者の面接 履歴書や職務経歴書の信ぴょう性確認

 

 

転職応募者の面接 経験を具体的な体験で語っているか

 

 

転職応募者の面接 実績や苦労したことが当社で活かせるか

 

 

 

 

 

回答のコツ

 

当社で求める業務内容に、実績や苦労したことが活かせることをアピールしながら、入社後に活かせるようアピールすることが大切です

 

 

単なる実績や苦労点を語っても、求人企業の役にならない内容は
面接官としては、実績でも何でもありません。
求人企業で必要とするものを認識したうえで、
面接官が興味を示すような内容を回答しましょう。

 

 

 

この点について、転職エージェント転職サイトは、
募集について求人企業と何度もやり取りをしていますので、
面接官の胸の内も十分心得ています。
そのあたりの説明を受けて、しっかり傾向と対策をしておきたいものです。

 

 

 

 

 

採用される応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 YES回答

 

昨年度は、新卒社員を30名採用し、中途採用は50名採用しました。
転職応募者の面接 新卒採用では、採用内定者の研修内容の策定やスケジュール調整が大変でした。
そのぶん、入社した新入社員の意欲とモチベーション向上に効果がありました。

 

転職応募者の面接 即戦力と技術レベルが高い人材を採用するのに
大変苦労しましたが、募集媒体を見直し、改善することで
質の高い人員を予定数以上集めることができました。

 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK! 

 

新卒採用では、採用内定者の研修内容の策定やスケジュール調整が大変でした。


 

 

 

具体例を挙げているので面接官もイメージしやすい。
ただし、同職でもあり、研修内容やスケジュールなど、
さらに掘り下げた質問をされる可能性もあるので
そのあたりもしっかり準備しておきましょう。


 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK!

 

 

即戦力と技術レベルが高い人材を採用するのに
大変苦労しましたが、募集媒体を見直し、改善することで
質の高い人員を予定数以上集めることができました。


 

 

 

この回答でも十分ですが、さらに欲を言えば、
苦労したけれども、よい結果につながったという具体例があると
よりいい回答になります。


転職の面接はプロのサポートを受けると採用されやすい

 

 

 

 

当サイト管理人の会社でも活用している転職サイト

転職のプロに相談できる
【転職サイトDODA 】の転職支援

転職支援実績31万人!
【リクルートエージェント】

転職サイトはDODA

登録した応募者に、サイトでは非公開の求人を
キャリアカウンセリングの中で紹介しています。
求職者の希望とベストマッチする求人情報こそ、
「非公開求人」の中にあるのです。
この転職エージェントは頼りになりますよ!

無料エントリーで約90%が非公開求人を閲覧!
転職のプロがあなたをサポートします!
転職成功実績は業界ナンバーワンで
外資系企業への転職にも強いんです!

充実した転職・求人情報であなたの転職を支援
【@type】

JAC Recruitment
【ジェイ エイ シー リクルートメント】

 

年収

転職活動には「コツ」があります。
@typeでは、応募から選考、内定までの各プロセスに、アドバイザーがあなたと応募企業に合わせて様々にアドバイスしてくれます。

 

[アドバイス例]
応募書類対策
何百という書類を見てきたアドバイザーが丁寧添削

 

面接対策
想定質問をもとに、本番並のシミュレーション

 

企業のポイントを把握
企業に併せたアピールポイントの共有、合否に関わらず選考過程でのあなたにフィードバック

 

あなたの転職活動は飛躍的に変化します。

 

業界・職種に精通した総勢300名のコンサルタント
個別面談で転職のプロフェッショナルが転職サポート

転職サイト
【リクナビNEXT】

転職支援人材紹介会社
【マイナビエージェント】

求人情報を探す手間が要りません!
企業があなたにオファーを送ってくるシステム
リクナビNEXTの「スカウト登録」受付中
スカウト登録は匿名で可能。しかも無料!

 

 

設立40年以上の豊富な転職成功実績
全国の上場企業やベンチャー企業、隠れた優良企業の人事担当者と密接で太いパイプ






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

採用業務の実績と苦労した点は?関連ページ

経理職-決算処理の経験がありますか?
決算の経験内容を簡潔に要領よく回答しましょう。未経験の場合は知識と意欲があることをアピールします。
経理職-経理は未経験ですね?
未経験職への転職は、即戦力になれるように自己啓発や資格取得の努力している姿をアピールすることが重要です。
総務職として発揮できる強みは?
会社に貢献する姿勢を示しながら、求人内容に沿った回答が求められます。
販売職-当社の店舗を見ましたか?
販売職を応募する場合、その店舗を見ておくことは重要です。
営業事務職として大切にしていることは?
営業事務は単なる事務ではなく売り上げに大きくかかわる部署との認識 が大切です。されます。
人事としての強みは何ですか?
強みを具体的に伝えながら、その細目質問も想定して回答しましょう。
管理職-失敗経験はありますか?
管理職者としての失敗が「ない」は問題意識の欠如を判断されかねません。
管理職として成果があった実績は?
管理職の成果は、具体的な数字と日頃の考え方を織り込みながら簡潔に回答しましょう。