新しい仕事に活かせる経験と即戦力になるポイントをアピールします

 

 

 

 

面接官の質問意図

 

 

これまでの職務内容と全く違う職種に応募してくる転職応募者は少なくありません。
その志望動機や理由は様々です。
応募者の事情には理解できるものもあります。

 

 

しかし、面接官の事情として、
まったくの未経験者を採用することは大きなリスクです。
面接の場で面接官がこの人材は未経験の仕事でも問題なし!と判断しても
社内検討会では、面接の場に立ち会っていない上司は、
不安な気持ちをぶつけてきます。当然なことです。

 

したがって、初めての仕事や経験したことが内職務への応募は
面接官を満足させるだけの志望動機のと知識や自己啓発、
そして過去の経験が新しい仕事に活かせる利点を述べることが重要です。

 

 

 

私は、学校を卒業して最初に就いた仕事は証券会社の営業です。
そのなかで、多くの取引先で経理や財務部に出入りすることが多くあります。
業務上必要だからと簿記2級の資格を持っていました。

 

簿記3級、2級と勉強していく中で、
学習簿記と経理実務や実践簿記との違いが気になりはじめ、
次第に、証券業務よりも経理業務での仕事に興味が大きくなっていきました。
そして、10年務めた証券会社を退職して経理職への転職活動を始めました。

 

 

当然、面接官は職種違いの志望理由を質問します。

 

自己啓発として、出入り先の仕事を理解したいと思い
 簿記2級を取得していること

 

学習簿記と経理実務や財務業務の違いに興味を抱くうちに
 これまでの証券知識と簿記の資格を活かして経理の仕事をしたいこと

 

この2点を、アピールすることで面接官の心証を得たようで、
その日の夕方には、2次面接に進む電話をもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

この質問には、3つの意図と狙いがあります。

 

転職応募者の面接 前職手経験したことがそのように活かせるのか

 

 

転職応募者の面接 応募する仕事内容をどの程度理解、認識しているか

 

 

転職応募者の面接 ただ就職したいだけで、どこの会社でもいいのではないか

 

 

 

 

 

 

回答のコツ

 

前職で経験したことが活かせることを具体例を盛り込み伝える
新しい仕事内容を経験者の応募者に引けを取らないくらい把握しておく
自己啓発や有利な資格はしっかり伝える

 

 

未経験の仕事に応募するのは、
他の応募者で経験者が多い中ではかなりのハンデを負っています。
そのハンデを克服してなお有利に進めるには、
前職の経験をあたらしい仕事にどのように活かすかを
面接官が納得できるようにアピールすることです。

 

 

そのためには、応募しようとしてる仕事内容を把握していなければなりません。
できれば、経験者と同じレベルに把握しておきたいものです。
ホームページや参考図書を何度も目を通しておくことで、
面接官へのアピールを通り越して、採用されて入社しても
その日から経験者と同じくらいに業務できるぐらいにしておきたいものです。

 

 

そして、その知識を裏付けしてくれるのが自己啓発です。
新しい仕事に関する資格を持っていれば、
その意欲と知識レベルを客観的に判断できるので有利です。

 

資格取得まで至ってなくても、
取得に向けて独学していることを伝えるのは効果的です。
ただし、「勉強しています」では、効果ありません。
「今、手形の仕訳を勉強していて、
手形の実物ってどんな感じなんだろうと思っています」
こんな、何気ない感想でも面接官にはその信ぴょう性が理解できます。

 

 

 

 

私の面接官経験で、未経験職に応募してきた女性で特に記憶に残っている女性の例です

 

彼女は、営業事務の現職でした。
母親が経理の仕事をしていたことも理由なのか、
経理での仕事につよい希望を持っていました。
面接当時は、まだ勉強中でした。

 

仕事を終えて学校に通いながら、
なんとしてでも経理の仕事に就きたいと頑張っていました。

 

面接の間、一貫して経理にかける強い希望と意志が
ひしひしと伝わる姿勢と回答内容でした。

 

 

営業事務での仕事で一番苦労したこと、自慢できることを質問すると
Excelで営業マンの営業成果を集計し、それをグラフ化し
日々、週単位、月単位で表示できるようにしたことということでした。

 

 

そこで、この質問への回答は無理かな?と思いながら
「備品や建物、工具などの減価償却を計算する表を作れますか?」
この質問を投げかけてみました

 

 

「取得日や取得金額、耐用年数などの資料が必要ですが
あとは、減価償却の計算を表にして数式をいれることで作れると思います」
この回答で、減価償却の知識レベル、専門用語、計算方法を知っていることが分かります。

 

 

この女性は、社内協議でも誰一人の反対もなく内定、入社しました。
入社時に聞いてみると、2級に合格し1級に挑戦しているということでした。

 

 

 

 

 

 

採用されない応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 NG回答

転職応募者の面接 前職は店舗での接客と販売がほとんどでしたので
事務の仕事にはあまり活かせることはありませんが、
電話対応や電卓は問題なくできます。

 

また、パソコンもブログやSNSをやっていますので
入力業務は十分こなせます。

 

転職応募者の面接 未経験でも可能との募集でしたので応募いたしました。
入社できましたら、精いっぱい頑張ります!

 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがダメ!

 

 

前職は店舗での接客と販売がほとんどでしたので
事務の仕事にはあまり活かせることはありませんが、


 

 

 

面接官は、入社後にどのように活躍してくれるかを聞きたいのです。
できないことは、あえて回答しない方が無難です。


 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがダメ!

 

 

未経験でも可能との募集でしたので応募いたしました。


 

 

 

未経験者を優先して採用するという意図ではないことを理解しましょう。
未経験者の中でも即戦力の応募者がいるかもしれないという意図です。
未経験者だから、業務内容が純真無垢、真っ白な状態でもいいというのではないことを認識しておきましょう。


 

採用される応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 YES回答

 

これまで、店舗業務のなかで転職応募者の面接 パソコンを使用し、
事務作業を表計算で処理したり、スケジュール管理
仕入れや売上管理を行なってきましたので
パソコンはある程度使えます。

 

また、店舗では接客以外にも
アルバイトのシフト管理や販売促進ツールを作成しましたし、
本部への報告書を書いて送っていました。

 

転職応募者の面接 現在は、事務職として先輩方に迷惑をかけないようにと
よりパソコンのスキルを高めようと学校に通っています。

 

 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK!

 

 

パソコンを使用し、事務作業を表計算で処理したり、スケジュール管理

 

仕入れや売上管理を行なってきましたので


 

 

 

事務職の経験がなくても、事務の仕事を経験していることがイメージでき
面接官の心配、不安を払しょくできる回答になっています。


 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK!

 

 

現在は、事務職として先輩方に迷惑をかけないようにと
よりパソコンのスキルを高めようと学校に通っています。


 

 

 

未経験の仕事に対する前向きな姿勢と
本気で事務職に就きたいという意欲が伺えて
面接官の印象をよくする回答です。


転職の面接はプロのサポートを受けると採用されやすい

 

 

 

 

当サイト管理人の会社でも活用している転職サイト

転職のプロに相談できる
【転職サイトDODA 】の転職支援

転職支援実績31万人!
【リクルートエージェント】

転職サイトはDODA

登録した応募者に、サイトでは非公開の求人を
キャリアカウンセリングの中で紹介しています。
求職者の希望とベストマッチする求人情報こそ、
「非公開求人」の中にあるのです。
この転職エージェントは頼りになりますよ!

無料エントリーで約90%が非公開求人を閲覧!
転職のプロがあなたをサポートします!
転職成功実績は業界ナンバーワンで
外資系企業への転職にも強いんです!

充実した転職・求人情報であなたの転職を支援
【@type】

JAC Recruitment
【ジェイ エイ シー リクルートメント】

 

年収

転職活動には「コツ」があります。
@typeでは、応募から選考、内定までの各プロセスに、アドバイザーがあなたと応募企業に合わせて様々にアドバイスしてくれます。

 

[アドバイス例]
応募書類対策
何百という書類を見てきたアドバイザーが丁寧添削

 

面接対策
想定質問をもとに、本番並のシミュレーション

 

企業のポイントを把握
企業に併せたアピールポイントの共有、合否に関わらず選考過程でのあなたにフィードバック

 

あなたの転職活動は飛躍的に変化します。

 

業界・職種に精通した総勢300名のコンサルタント
個別面談で転職のプロフェッショナルが転職サポート

転職サイト
【リクナビNEXT】

転職支援人材紹介会社
【マイナビエージェント】

求人情報を探す手間が要りません!
企業があなたにオファーを送ってくるシステム
リクナビNEXTの「スカウト登録」受付中
スカウト登録は匿名で可能。しかも無料!

 

 

設立40年以上の豊富な転職成功実績
全国の上場企業やベンチャー企業、隠れた優良企業の人事担当者と密接で太いパイプ






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

未経験の仕事ですが大丈夫ですか?関連ページ

失敗経験を教えてください
仕事の失敗談質問は転職面接の定番です。職務内容のレベルと前向きな姿勢を見極める質問です。
業績不振の退職について
業績不振での退職は、負け組のイメージがある転職理由ですが、簡潔な説明とすでに気持ちの 整理ができて即戦力になれることをしっかり回答しましょう。
前職の会社が倒産したんですね
倒産のショックを引きずらず気持ちの整理を付けて面接に臨みましょう!
会社都合の退職が多いですね
転職回数と会社都合退職が多いのは面接では不利です。その打開策をご案内します。
在職中ですがいつから入社できますか
新卒採用と違い、中途採用する企業は早期の入社を希望しています。
実績や評価を教えてください
中途採用ではこれまでの実績が大きなポイントになります。職務経歴書 との整合性にも注意しましょう。
成功体験を聞かせてください
この質問では職務内容や習得レベルの把握の他に傲慢や謙虚さなどの人間性も見られています 。
仕事をするうえで大切にしていることは何ですか
日頃から仕事に対して重要なことだと考えていることに加えて、その成果と学びや気づきを伝えること が大事です。
グループで仕事したことがありますか
グループでの業務遂行は協調性、リーダーシップ、人間関係など多くの要素を含みます。
長所と短所についてお話しください
長所、短所ともに業務に活かせる内容を、具体例を交えて答えるようにします。
人間関係でうまくいかなかったことがありますか
職場の人間関係は誰でも困った経験があるものです。面接官の心証を悪くさ せない回答をしっかり準備し練習しておきましょう。
周囲からどう評価されていますか
周囲からの評価に対する回答は、仕事に影響を与えかねない内容は控えます。
短期間で退職した理由を教えてください
決して会社批判はしないこと、そしてやりたいことの実現と即戦力になることをアピールしましょう。
両親の介護で辞められたのですか
介護問題の退職は同じ理由の退職を連想します。解決したことを伝えることが重要です。