仕事での失敗体験はリカバリ方法と職務への意欲が問われています

仕事での失敗経験を教えてください

 

 

 

この質問には、3つの意図と狙いがあります。

 

転職応募者の面接 失敗をそれだけにしないで、以後の仕事に活かしているか

 

 

転職応募者の面接 失敗した理由を他人のせいにしないで原因を客観的に把握しようとしたか

 

 

転職応募者の面接 受け身の姿勢でなく、前向きに対処しているか

 

 

 

 

面接官の質問意図

 

これまでの仕事の中で失敗したことを質問するのは
転職応募者がこれまで携わってきた仕事内容と
失敗をそれからの仕事へ活かしてきたかを問うことにあります。

 

 

普通、人間が失敗と感じるのは自分の能力を超える事態に対する
異常事態に対するものです。
成長に応じて自分のものにして二度と犯すことがないことは
失敗というよりも成長の一過程として忘れてしまうのもです。

 

 

ですので、応募者が失敗したといつまでも覚えている内容が
その人の職務内容の最高水準であり、
そのレベルの仕事をしていたということが読み解取れるのです。

 

 

しかし、面接官は面接の場ではそのような意図を表に出しません。

 

失敗体験をその後の仕事に反映させて
二度と失敗しないようにしているか、とか
どのようにリカバリーしたのかなど、
そのあたりを細く質問します。

 

 

 

回答のコツ

 

失敗内容を簡潔に述べ、どのように解決したかを説明する
失敗したことが以後の仕事を進めるうえで教訓になっていることを話す
採用された会社でも同じような失敗する可能性がある場合はその失敗体験は控える

 

 

 

 

 

面接事例

 

採用されない応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 NG回答

前の仕事で数字入力の際に誤入力をして、
発注数量ミスをしたことがあります。
普段は、作業のあとにチェックをしますので
このようなケアレスミスはしないのですが、
この時は、上司に緊急の書類だからと頼まれ、
入力もチェックもおろそかになっていたかもしれません。

 

転職応募者の面接 上司であれば部下の作業状況や業務内容をよく把握しておき
そのうえで指示を出すのでしょうが、
その場主義で思いつきで指示する方でしたので
上司としていかがかと思っていました。

 

運よく、早い段階で発注ミスに気づきましたので
転職応募者の面接 上司が近隣の店舗に依頼して商品を融通してもらい、
事なきを得ました。

 

 

 

 

この回答は、ココがダメ! 転職応募者の面接

 

 

上司であれば部下の作業状況や業務内容をよく把握しておき
そのうえで指示を出すのでしょうが、
その場主義で思いつきで指示する方でしたので
上司としていかがかと思っていました。


 

 

 

どのような状況であったにせよ、
会社批判や上司批判は面接の場では逆効果です。
このような人材は採用しても、自分を棚に上げて
うちの会社を批判したり上司批判をする人材と判断されます。


 

 

 

 

この回答は、ココがダメ! 転職応募者の面接

 

 

転職応募者の面接 上司が近隣の店舗に依頼して商品を融通してもらい、
事なきを得ました。


 

 

 

自分で解決していないため、
面接官としては質問の効果がありません。
自分で解決して、どのような教訓になったか、もしくは、
どのように以後の職務に活かしているかを伝えましょう。


 

 

 

 

採用される応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 YES回答

 

仕入れシステムで発注を間違えて入力したことで
発注ミスをしたことがあります。
このため、取引先に指定の数量が納品不能になりかけましたが
転職応募者の面接近くにあるいくつかの店舗に在庫数量を確認してもらい、
納期前日に、なんとか納品数量が整い、
トラブルを防ぐことができました。

 

この経験を教訓にして、その後の発注では
転職応募者の面接必ずダブルチェックをするようにしています。
おかげで、それ以後は入力ミスや発注ミスがなくなりました。

 

 

 

 

この回答は、ココがOK! 転職応募者の面接

 

 

近くにあるいくつかの店舗に在庫数量を確認してもらい、
納期前日に、なんとか納品数量が整い、
トラブルを防ぐことができました。


 

 

 

簡潔な説明で感心できるが、
トラブル解決に至った内容が薄くよくイメージできないので
もう少し詳細に説明した方が面接官によく理解してもらえる。


 

 

 

この回答は、ココがOK! 転職応募者の面接

 

 

必ずダブルチェックをするようにしています。
おかげで、それ以後は入力ミスや発注ミスがなくなりました。


 

 

 

失敗したことをそのままにしないで、
その後の業務に活かしていることをアピールすることで
面接官の心証をいいものにすることができる。


転職の面接はプロのサポートを受けると採用されやすい

 

 

 

 

当サイト管理人の会社でも活用している転職サイト

転職のプロに相談できる
【転職サイトDODA 】の転職支援

転職支援実績31万人!
【リクルートエージェント】

転職サイトはDODA

登録した応募者に、サイトでは非公開の求人を
キャリアカウンセリングの中で紹介しています。
求職者の希望とベストマッチする求人情報こそ、
「非公開求人」の中にあるのです。
この転職エージェントは頼りになりますよ!

無料エントリーで約90%が非公開求人を閲覧!
転職のプロがあなたをサポートします!
転職成功実績は業界ナンバーワンで
外資系企業への転職にも強いんです!

充実した転職・求人情報であなたの転職を支援
【@type】

JAC Recruitment
【ジェイ エイ シー リクルートメント】

 

年収

転職活動には「コツ」があります。
@typeでは、応募から選考、内定までの各プロセスに、アドバイザーがあなたと応募企業に合わせて様々にアドバイスしてくれます。

 

[アドバイス例]
応募書類対策
何百という書類を見てきたアドバイザーが丁寧添削

 

面接対策
想定質問をもとに、本番並のシミュレーション

 

企業のポイントを把握
企業に併せたアピールポイントの共有、合否に関わらず選考過程でのあなたにフィードバック

 

あなたの転職活動は飛躍的に変化します。

 

業界・職種に精通した総勢300名のコンサルタント
個別面談で転職のプロフェッショナルが転職サポート

転職サイト
【リクナビNEXT】

転職支援人材紹介会社
【マイナビエージェント】

求人情報を探す手間が要りません!
企業があなたにオファーを送ってくるシステム
リクナビNEXTの「スカウト登録」受付中
スカウト登録は匿名で可能。しかも無料!

 

 

設立40年以上の豊富な転職成功実績
全国の上場企業やベンチャー企業、隠れた優良企業の人事担当者と密接で太いパイプ






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

失敗経験を教えてください関連ページ

業績不振の退職について
業績不振での退職は、負け組のイメージがある転職理由ですが、簡潔な説明とすでに気持ちの 整理ができて即戦力になれることをしっかり回答しましょう。
前職の会社が倒産したんですね
倒産のショックを引きずらず気持ちの整理を付けて面接に臨みましょう!
会社都合の退職が多いですね
転職回数と会社都合退職が多いのは面接では不利です。その打開策をご案内します。
在職中ですがいつから入社できますか
新卒採用と違い、中途採用する企業は早期の入社を希望しています。
実績や評価を教えてください
中途採用ではこれまでの実績が大きなポイントになります。職務経歴書 との整合性にも注意しましょう。
成功体験を聞かせてください
この質問では職務内容や習得レベルの把握の他に傲慢や謙虚さなどの人間性も見られています 。
仕事をするうえで大切にしていることは何ですか
日頃から仕事に対して重要なことだと考えていることに加えて、その成果と学びや気づきを伝えること が大事です。
グループで仕事したことがありますか
グループでの業務遂行は協調性、リーダーシップ、人間関係など多くの要素を含みます。
未経験の仕事ですが大丈夫ですか?
未経験の応募者には面接官は不安を持つもの。前職で活かせる内容と自己啓発などを伝えて意欲を示しましょう!
長所と短所についてお話しください
長所、短所ともに業務に活かせる内容を、具体例を交えて答えるようにします。
人間関係でうまくいかなかったことがありますか
職場の人間関係は誰でも困った経験があるものです。面接官の心証を悪くさ せない回答をしっかり準備し練習しておきましょう。
周囲からどう評価されていますか
周囲からの評価に対する回答は、仕事に影響を与えかねない内容は控えます。
短期間で退職した理由を教えてください
決して会社批判はしないこと、そしてやりたいことの実現と即戦力になることをアピールしましょう。
両親の介護で辞められたのですか
介護問題の退職は同じ理由の退職を連想します。解決したことを伝えることが重要です。