契約社員の申し出を否定すると採用はされることはありません

契約社員からスタートでいいですか?

 

 

 

 

面接官の質問意図

 

この質問の意図は、転職応募者の入社意欲を問うものです。
就職したい、入社したい、求人企業でなければならない、など
応募者の就職意欲を確認したいのです。

 

 

したがって、
「正社員採用に固執する応募者に対しては
 正社員になりたいのであって、当社に入社したいのではない」
このように判断します。

 

 

 

 

求人広告や募集要項に契約社員募集と明記されている場合、
契約社員としての応募であり、採用されることを望んでいることを
簡潔にしっかりと回答しましょう。

 

 

募集情報に正社員・契約社員、どちらも不明だった場合
募集中の採用条件を確認しましょう。

 

正社員、契約社員の両方を募集しているのであれば
可能であれば、正社員を希望している旨を伝え、
無理であれば、契約社員から正社員への移行制度があるのか
どれくらいの期間で移行できるのか、を質問しましょう。

 

 

募集条件で「正社員募集」となっていて、
面接の場ではじめて契約社員の募集を知らされた場合は、

 

 正社員募集として応募したこと

 

 正社員変更を前提とした契約社員採用なのか

 

 給与など雇用条件の差

 

このようなことを、さりげない表情で質問しましょう。

 

 

 

 

募集条件に契約社員での募集であることが明記されていない場合は
面接の場では最低限の質問にとどめておくことが賢明です。

 

 

面接のあと、転職エージェント転職サイトの担当者に
契約社員での採用の可否を質問されたことを伝え、
採用条件について、求人企業に確認してもらうなど
転職エージェントを有効に活用しましょう。

 

 

 

 

この質問には、3つの意図と狙いがあります。

 

転職応募者の面接 自社に就職したい意志があるか

 

 

転職応募者の面接 入社後の活躍シーンをイメージできているか

 

 

転職応募者の面接 契約社員でもいいという気持ちは本心か

 

 

 

 

 

回答のコツ

 

契約社員から正社員移行条件を確認する

 

大丈夫か?の質問に「ムリ」の回答は採用されない

 

どうしても正社員でなければならない場合、採用されないことを覚悟して困難であることを正直に伝える

 

 

 

 

正社員募集のつもりで応募した面接の場で
いきなり契約社員採用を切り出された場合、
応募者が戸惑うのは当然です。

 

 

 

「採用」されたいのであれば、
この質問に対しての回答で「NO」はタブーです。

 

 

 

面接の場では、契約社員の質問意外でも
「大丈夫ですか?」の質問に対しては
「大丈夫です」以外の選択肢はないと心得ましょう。

 

 

正社員以外の採用は無理な場合は、
正直にムリであることを回答しましょう。
面接の場であいまいな回答をすると
その様子が面接官に悪い印象を与えます。

 

 

 

 

採用されない応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 NG回答

パターン1
求人広告では正社員募集とありました。
想定していなかったので考えさせてください。
正社員と契約社員の両方を募集するのでしょうか?

 

 

 

パターン2
正社員での採用を希望していますが
正社員での採用は困難でしょうか?

 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがダメ!

 

 

想定していなかったので考えさせてください。


 

 

 

面接官は、自社への入社意欲に疑問を持ちかねません。
「当社で期待する能力に足りない」とか
「経験期間不足」などの理由にすり替えられて
採用されない可能性が高いです。


 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがダメ!

 

 

正社員での採用は困難でしょうか?


 

 

 

明記している採用条件と相違している場合、
就職後も会社の信頼性が薄いと考えて
自ら内定辞退する回答も有効です。


採用される応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 YES回答

 

パターン1
問題ありません。
正社員でも契約社員でも
御社の経理職として尽くす気持ちでいます。
契約社員から正社員への登用条件がおありでしたら
お教えいただければ助かります。

 

 

 

パターン2
大丈夫です。
契約社員から出発とのことですが、
契約社員から正社員に移行される社員は多いのでしょうか?

 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK!

 

 

正社員でも契約社員でも
御社の経理職として尽くす気持ちでいます。


 

 

 

どのような質問内容でも、面接質問で「大丈夫ですか」に対しては
「大丈夫です」が鉄則です。
否定回答は採用されないと心得たほうが賢明です。


 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK!

 

 

契約社員から正社員に移行される社員は多いのでしょうか?


 

 

 

契約社員での採用に問題ないと答えた上で、
本来希望している正社員への登用条件を確認することは
面接の空気を悪くすることはありません。


 

転職の面接はプロのサポートを受けると採用されやすい

 

 

 

 

当サイト管理人の会社でも活用している転職サイト

転職のプロに相談できる
【転職サイトDODA 】の転職支援

転職支援実績31万人!
【リクルートエージェント】

転職サイトはDODA

登録した応募者に、サイトでは非公開の求人を
キャリアカウンセリングの中で紹介しています。
求職者の希望とベストマッチする求人情報こそ、
「非公開求人」の中にあるのです。
この転職エージェントは頼りになりますよ!

無料エントリーで約90%が非公開求人を閲覧!
転職のプロがあなたをサポートします!
転職成功実績は業界ナンバーワンで
外資系企業への転職にも強いんです!

充実した転職・求人情報であなたの転職を支援
【@type】

JAC Recruitment
【ジェイ エイ シー リクルートメント】

 

年収

転職活動には「コツ」があります。
@typeでは、応募から選考、内定までの各プロセスに、アドバイザーがあなたと応募企業に合わせて様々にアドバイスしてくれます。

 

[アドバイス例]
応募書類対策
何百という書類を見てきたアドバイザーが丁寧添削

 

面接対策
想定質問をもとに、本番並のシミュレーション

 

企業のポイントを把握
企業に併せたアピールポイントの共有、合否に関わらず選考過程でのあなたにフィードバック

 

あなたの転職活動は飛躍的に変化します。

 

業界・職種に精通した総勢300名のコンサルタント
個別面談で転職のプロフェッショナルが転職サポート

転職サイト
【リクナビNEXT】

転職支援人材紹介会社
【マイナビエージェント】

求人情報を探す手間が要りません!
企業があなたにオファーを送ってくるシステム
リクナビNEXTの「スカウト登録」受付中
スカウト登録は匿名で可能。しかも無料!

 

 

設立40年以上の豊富な転職成功実績
全国の上場企業やベンチャー企業、隠れた優良企業の人事担当者と密接で太いパイプ






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

契約社員からスタートでいいですか関連ページ

仕事と家庭の両立は大丈夫ですか
既婚女性の応募者には必ず聞かれる質問です。家庭の協力と応援体制を回答しましょう。
管理職として意識していることは何ですか?
管理職者としての心構え、信念、姿勢について日頃から考えておきましょう。
ご主人が転勤になったらどうしますか?
旦那さんの転勤について2人でしっかり話し合うことが大事です。
残業は問題ありませんか
残業は問題ないことを伝えましょう。そのあとで残業の状況を質問しましょう。
休日出勤がありますが大丈夫ですか
休日出勤の質問で、「無理」は禁物です。また現状無理でも解決すれば可能なる時期を具体的に 示すことも大事です。