休日出勤の質問に対して「できません」は絶対ダメ!

休日出勤がありますが大丈夫ですか?

 

 

 

 

面接官の質問意図

 

大企業や上場企業など大規模の従業員がいる会社では
それなりの対応ができているため、休日出勤はないかもしれません。
しかし、日本の9割も存在するほとんどの中小企業ともなると
突発的な繁忙期のために、一年のそのほかのほとんどの期間
スタンバイさせておくことは不可能です。

 

 

どうしても、中小企業では突発的な繁忙のタイミングでは
社員の方に連日残業や休日出勤をお願いすることになります。

 

 

この質問をされて、「休日出勤はできません」という回答は
採用されないことに直結します。
いや、採用されることを応募者自らが拒否しているのと同じです。

 

 

まずは、「大丈夫です」と回答しておき、

 

休日出勤の頻度

 

休日出勤した場合の振り替え休日などの有無や取得具合

 

既存社員の振り替え休日や有給休暇消化状況

 

 

このようなことを質問してみるといいでしょう。

 

 

 

また、面接の場では質問できなかった場合は、
あとで、転職エージェント転職サイトの担当者に
求人企業での休日出勤頻度やその代替状況など聞く、
もしくは、転職エージェントから求人企業に問い合わせてもらうこともできます。

 

 

転職エージェントや転職サイトは、当事者同士では具合が悪い場合
とても便利で頼りになる仲介業者です。
できるだけ使いこなしたいものです。

 

 

 

 

 

 

この質問には、3つの意図と狙いがあります。

 

転職応募者の面接 自社の労働条件に合わせられるか

 

 

転職応募者の面接 休日出勤できない事情があるか

 

 

転職応募者の面接 現在は困難でも、解決手段があるか

 

 

 

 

 

回答のコツ

休日出勤を聞かれて「NO」は禁物

 

現状では困難でも、解決できるので可能であることをアピールする

 

 

この休日出勤の質問では、「できない」という回答は採用されないことを意味しています。
面接時間がまだ残っていて、いろいろ質問されても
面接官の心境は面接をこなしているのであって、
実質的には面接は終了しています。

 

 

絶対に休日出勤ができない状況であれば仕方ありませんが、
とりあえずは、可能だと答えることが大切です。

 

そして、会社がの状況と自分の環境とを考えあわせて
両者の歩み寄りができるように持っていくようにしたいものです。

 

 

 

 

 

 

採用されない応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 NG回答

ケース1
休日出勤があるのですか?
勤務条件に記載されたいた休日の日曜日は
転職応募者の面接 所属しているスポーツチームの定例練習日があります。
私はそのチームのキャプテンをしているので、休むのは困ります。

 

 

 

ケース2
休日出勤は想像していませんでした。
転職応募者の面接 求人募集には、土日・祝祭日が休日とあったと思います。
そうではないのでしょうか?

 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがダメ!

 

 

所属しているスポーツチームの定例練習日があります。


 

 

 

スポーツや趣味の仲間とコミュニケーションを図るのは好ましいが
仕事よりもそちらを優先させる人材は採用には結びつきません。


 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがダメ!

 

 

求人募集には、土日・祝祭日が休日とあったと思います。
そうではないのでしょうか?


 

 

 

面接官は「休日出勤はそれほど多くない」と答えるとしても、
このような回答と質問の仕方では、
転職応募者の仕事への取り組み意欲に不信感が募ります。


 

 

採用される応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 YES回答

 

パターン1
問題ありません。
前職でも発表会などのイベントを日曜日に開催し
その直前は残業はもちろん、休日出勤をして
イベントを行なっていました。

 

何ら問題はありませんが、どのくらいの頻度で
休日出勤があるのでしょうか?

 

 

 

パターン2
来年春から、土日も預けられる保育園に
子供を預けるようになっています。
来年の4月からであれば、何ら問題ありません。

 

それまでの間でも、家族に協力してもらるので、
できるだけ出勤できるようにします。
ぜひやりたい仕事ですので、よろしく願いします。

 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK!

 

 

何ら問題はありませんが、どのくらいの頻度で
休日出勤があるのでしょうか?


 

 

 

「何ら問題がない」のであれば、
「どのくらいの頻度であるのか」は聞かない方が無難。
どうしても知りたければ、転職エージェントや転職サイトの担当者に
面接のあとで聞いて確認するようにしたいもの。


 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK!

 

 

来年の4月からであれば、何ら問題ありません。


 

 

 

現在の状況では100%可能はとは言えない状況でも
可能になる時期を明確に伝えることで、
採用される割合は断然よくなります


 

転職の面接はプロのサポートを受けると採用されやすい

 

 

 

 

当サイト管理人の会社でも活用している転職サイト

転職のプロに相談できる
【転職サイトDODA 】の転職支援

転職支援実績31万人!
【リクルートエージェント】

転職サイトはDODA

登録した応募者に、サイトでは非公開の求人を
キャリアカウンセリングの中で紹介しています。
求職者の希望とベストマッチする求人情報こそ、
「非公開求人」の中にあるのです。
この転職エージェントは頼りになりますよ!

無料エントリーで約90%が非公開求人を閲覧!
転職のプロがあなたをサポートします!
転職成功実績は業界ナンバーワンで
外資系企業への転職にも強いんです!

充実した転職・求人情報であなたの転職を支援
【@type】

JAC Recruitment
【ジェイ エイ シー リクルートメント】

 

年収

転職活動には「コツ」があります。
@typeでは、応募から選考、内定までの各プロセスに、アドバイザーがあなたと応募企業に合わせて様々にアドバイスしてくれます。

 

[アドバイス例]
応募書類対策
何百という書類を見てきたアドバイザーが丁寧添削

 

面接対策
想定質問をもとに、本番並のシミュレーション

 

企業のポイントを把握
企業に併せたアピールポイントの共有、合否に関わらず選考過程でのあなたにフィードバック

 

あなたの転職活動は飛躍的に変化します。

 

業界・職種に精通した総勢300名のコンサルタント
個別面談で転職のプロフェッショナルが転職サポート

転職サイト
【リクナビNEXT】

転職支援人材紹介会社
【マイナビエージェント】

求人情報を探す手間が要りません!
企業があなたにオファーを送ってくるシステム
リクナビNEXTの「スカウト登録」受付中
スカウト登録は匿名で可能。しかも無料!

 

 

設立40年以上の豊富な転職成功実績
全国の上場企業やベンチャー企業、隠れた優良企業の人事担当者と密接で太いパイプ






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

休日出勤がありますが大丈夫ですか関連ページ

仕事と家庭の両立は大丈夫ですか
既婚女性の応募者には必ず聞かれる質問です。家庭の協力と応援体制を回答しましょう。
管理職として意識していることは何ですか?
管理職者としての心構え、信念、姿勢について日頃から考えておきましょう。
契約社員からスタートでいいですか
正社員応募で契約社員の可否を聞かれることは少なくありません。しかしそのときの回答方法は面接結果を左右します。
ご主人が転勤になったらどうしますか?
旦那さんの転勤について2人でしっかり話し合うことが大事です。
残業は問題ありませんか
残業は問題ないことを伝えましょう。そのあとで残業の状況を質問しましょう。