面接官は転職求職者のココを見ている

前の仕事先を選んだ理由

退職理由とそのいきさつなどと同じくらい重要視しているのは

 

 退職した後、次の職場に勤めることになったいきさつや事情

 

です。

 

私は、面接の際に職務経歴を転職面接者ご自身の口で説明してもらいます。
その際に、職務経歴書を見ながら話していただいて結構ですが、
退職することになった、もしくは退職したいと決意した理由やいきさつ、と
そのあと、次の職場に勤めることになったいきさつや事情についても、
ご本人の言葉で、詳細に語ってもらうようにしています。

 

新しい職場に対する意欲を伺う

退職後の、次の仕事に就く事情やいきさつはいろいろありますが、
私が転職面接者から聞きたいのは、次の職場に対する情熱、想いがあったかどうかです。

 

 

新しい職場へは、いろいろな事情で転職したと思います。

 

・縁故就職
・何社もの応募の末にやっと内定獲得
・希望の業種で自分の実力を発揮したかった
・キャリアが伸ばせる会社に移りたかった
・リストラされたので、家族を養うため仕方なく

 

 

採用する側も、人を採用することで会社の成長を鈍化させたくありません。
やる気のある人に入社してもらって、会社をどんどん飛躍させる一助となる人材を採用したいのです。

 

ですので、しかたなく、とか、ネガティブな気持ちでの入社というのは、
その時点で、プラス要素になりません。

 

逆に、プラス思考、ポジティブ思考での転職は高評価になります。

 

しかし、それだけではありません。
面接官は、その先を見ているのです。

 

 

転職理由が次の職場で成果になっているか

前向きでポジティブな思いを抱いて新しい職場に入社したとしても、
在職中にそれが実践できたかどうか、それが問題です。

 

「選挙の公約違反」では済みません。

 

次の職場への転職理由が、
新しい職場ですくなからず成果を挙げているかどうかは、
その職場での職務経歴書に記載されているはずです。
私は、職務経歴を語ってもらいながら、それを検証しています。

 

 

キャリアアップしたいという退職目的だったのに、
前職と同じ職務内容では困ります。

 

前職では、自分の提案や改善案が無視されたので
新職場ではいろいろな業務改善や新提案を行ない、会社を発展させたい!
というのに、その会社での業務内容には、そのことには一切触れられていないというのも、
困りものです。

 

 

このような、最初は熱くても、時間がたてば現状維持に甘んじる人というのは、
熱い志しをどんなに語ったとしても、当社に入社しても結局同じことの繰り返しになることが予想されます。

 






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

前職場に入社した理由、いきさつ、経緯関連ページ

職務経験を聞かせてください
面接官は、職務経験を把握理解することで応募者がどのように活躍できるかをイメージます。
退職理由を教えてください
退職理由の質問は面接の定番中の定番質問です。キャリアアップや志望動機との関連性をしっかり回答しましょ う。
転職を決意した退職理由
会社を辞めたいと思うほどの重要な退職理由を明確にしておく必要があります。
転職理由を教えてください
転職を決意する理由は前職に理想との差があるからです。ネガティブな理由だとしても前向 きな姿勢をアピールしましょう。
入社したらどのように力を発揮してもらえますか
入社後の活躍シーンをイメージできる回答をします。求められている職種を よく理解し、簡潔にまとめましょう。
当社への志望動機
転職面接で必ずされる質問。ここにも面接官が知りたい項目があるのです。