転職者の退職理由に正当性があるか

転職を決意した退職理由が大事な理由

私は、面接で退職理由を必ず質問します。
それは、老若男女を問わず、誰にもお聞きします。

 

そのやり方は、職務経歴をご自分で説明してもらいながら、
退職する場面で、詳細に退職理由を説明してもらうようにしています。

 

退職理由を聞く真意は、この2つです。

 

1 当社で勤務するようになっても、同じ理由で退職する可能性がある

 

2 前向きなキャリアアップを目指すものか、居づらくなったための現状逃避か

同じ理由で退職する可能性について

当社で勤務するようになっても、同じ理由で退職されては困ります。
とくに、人間関係や残業、給与待遇など環境への不満で退職した人は、
それを繰り返す傾向にあります。

 

それとは別に、両親の面倒を見る、家庭環境の変化(結婚・離婚、出産、配偶者の転勤など)といった
転職者の意思が及ばない理由で退職した場合も、
退職が本当に避けられなかったのかということを、転職者の立場になって理解するよう努力しますが
やはり、同じ理由で当社を止めていく可能性は否定できません。

 

前向きな退職なのか現実逃避なのか

言うまでもないことですが、前向きな退職と現実逃避退職、
言い換えると、ポジティブ退職とネガティブ退職は、
当然面接に大きく影響します。

 

職場環境の悪化、同僚や上司との人間関係悪化、家族からその仕事への反対など
こういうネガティブな理由での退職は、その転職者のパーソナリティに影響します。

 

こういう応募者は、面接をくぐり抜けて、就職できたとしても
やはり、同じ結果を生んでしまい、会社としてもその方にしても、
お互いが不幸な事態になりかねません。

面接者の順位付け

転職者からすれば、辞めざるを得ない深刻な事態だったとしても、
毎日何人もの求職者と面接しているなかでは
それぞれの求職者に優劣、順位付けをしなくてはならず、
その最たるものが転職理由なのです。

 

面接官のホンネ

面接官が、「たしかに!」、「それじゃ、辞めるよね!」と
手放しに納得、理解できる退職理由があれば、問題ありませんが、
殆どの場合、一度、退職した以上は少なからずのペナルティがあるのは事実です。

 

面接官としてホンネを申し上げれば、
ネガティブな退職理由がある人でも、それなりの理由付けをして
我々を納得させてほしいのです。
我々が面接しているなかで、もどかしいのがこの理由付けが無い人が多いということです。

 

 

この部分について、
「ですが、現在はこのように・・・」
とか
「そういう事情ですが、実はこのような理由なのです。・・・」

 

こんな感じで、退職理由はもう発生しない、
もしくは、状況が変わってそのような事態が起こらないというように補足してほしいのです。

 

会社側としても、人材を受け入れたいから
採用募集を行ない、貴重な時間を割いて面接をするのです。
応募者の中から採用内定を出すしかないのですから、
仮に、全員がネガティブ理由丸出しの方たちだとすれば
(実際は、そういう人が8割です)
それでは、困るのです。

 

ウソは困りますが、ネガティブな退職でも我々がうなずけるような
理由付けをしてください。

 

転職支援業者を利用する

このあたりの対策は、転職支援業者に相談すれば
親身になって対策を考えてくれます。

 

 

実際、ある支援業者から面接に来る転職者は
私が念を押さなくても、ご自身から、退職理由を詳細に説明する方が多くなりました。
しかも、我々面接官の眉をしかめさせるような回答はなくなりました。
推測ですが、何人もの面接者へヒアリングをすることでで、
当社面接の「傾向と対策」が練られたのでしょう。

 

 

こういった業者を利用したことが無い方は
ぜひ、登録しましょう!

 

ゼッタイに有利な転職活動を行なえますよ!






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

転職を決意した退職理由関連ページ

職務経験を聞かせてください
面接官は、職務経験を把握理解することで応募者がどのように活躍できるかをイメージます。
退職理由を教えてください
退職理由の質問は面接の定番中の定番質問です。キャリアアップや志望動機との関連性をしっかり回答しましょ う。
前職場に入社した理由、いきさつ、経緯
前の職場を仕事先に選んだ理由、それはその職場で実力を発揮できていたかという問いかけです。
転職理由を教えてください
転職を決意する理由は前職に理想との差があるからです。ネガティブな理由だとしても前向 きな姿勢をアピールしましょう。
入社したらどのように力を発揮してもらえますか
入社後の活躍シーンをイメージできる回答をします。求められている職種を よく理解し、簡潔にまとめましょう。
当社への志望動機
転職面接で必ずされる質問。ここにも面接官が知りたい項目があるのです。