志望動機-面接官は転職求職者のココを見ている

志望動機は面接官の心証を握る重要ポイント

転職面接に限らず、新卒採用面接でも必ずされる質問が

 

・どうして、当社を受けようとお考えになったんですか
・当社を志望する理由を教えてください。

 

 

あなたは、どう回答されますか?

 

志望動機を質問する3つの視点

定番ともいえる志望動機の質問には、純粋に動機を知りたということの他に
その奥に、面接官の大きな狙いが隠されているのです。

 

回答に対するチェックポイントはこの3つです。

 

・転職面接者の本気度確認
・当社をどこまで理解しているか
・他社との違いを理解しているか

 

転職面接者の本気度確認

転職面接者の志望動機で、そのひとの本気度が伺えます。
転職面接者は、言葉は違いますが、当社に入社したいという想いを語ってくれます。
「御社で働きたい」
「やりたいことを実現させたい」
「自分の可能性を御社とともに広げたい」
など、

 

 

その、回答に対して、私たちは2通りの質問を準備しています。

 

1 面接者への揺さぶり

 

2 当社での活躍ステージ

 

転職面接者への忍耐力確認の揺さぶり質問

志望動機の回答として、仮に

 

「成長いちじるしい御社で、わたくしがこれまで経験してきたスキルを十分に発揮したいです」
と回答したとすると、私たちはこのように問いかけます。

 

「たしかに、日々成長していて、各部署で人材が不足しています。
そのために、このように中途採用募集を行っているんですが、
成長企業だということで想像できると思いますが、
入社したら、かなりきついことがあるかもしれません。
この辺については、どうお考えですか」

 

この質問の狙いは、「それでも付いてこれますか?」という言葉の裏に
「辛いことにも耐え抜いて、会社も転職面接者もともに成長していける
そんな人材であるか」を見極める意図があるんです。

当社での活躍ステージ

さきほどの、志望動機の回答例の、

 

「成長いちじるしい御社で、わたくしがこれまで経験してきたスキルを十分に発揮したいです」

 

に、対して私たちは、この転職面接者が
どのような部署でどのように活躍してもらえるか、
それを頭の中でめぐらして、回答を探っています。

 

 

「応募者のやりたいことが当社で本当に叶えられるか、
そのようなステージを準備できるか」
ということです。

 

 

当社では、応募者が希望するような組織や職務がなくても、
一旦は、既存の部署や応募者のこれまでの経歴に近い業務に携わってもらい
応募者自身でやりたいことを一から立ち上げる意思があるかを尋ねます。

 

 






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

当社への志望動機関連ページ

職務経験を聞かせてください
面接官は、職務経験を把握理解することで応募者がどのように活躍できるかをイメージます。
退職理由を教えてください
退職理由の質問は面接の定番中の定番質問です。キャリアアップや志望動機との関連性をしっかり回答しましょ う。
転職を決意した退職理由
会社を辞めたいと思うほどの重要な退職理由を明確にしておく必要があります。
前職場に入社した理由、いきさつ、経緯
前の職場を仕事先に選んだ理由、それはその職場で実力を発揮できていたかという問いかけです。
転職理由を教えてください
転職を決意する理由は前職に理想との差があるからです。ネガティブな理由だとしても前向 きな姿勢をアピールしましょう。
入社したらどのように力を発揮してもらえますか
入社後の活躍シーンをイメージできる回答をします。求められている職種を よく理解し、簡潔にまとめましょう。