退職理由には仕事に対する前向きな姿勢とやりたいことの実現を示します

 

面接官の質問意図

 

退職するにはそれなりの理由があります。
その退職理由がどのようなものなのかを探るための質問が、
「あなたの退職理由をお聞かせください」です。

 

 

退職理由

 

 

この質問には、3つの意図と狙いがあります。

 

前職での人間関係トラブルや職務遂行能力に問題はないか

 

退職を決意した理由と応募志望に一致性があるか

 

職務への取り組み姿勢や仕事への意欲に問題はないか

 

 

 

 

 

採用面接の場で面接官が一番重視するのは、
「転職応募者が再度退職・転職する可能性がないか」です。

 

前職を退職するに至った状況は、
今、目の前にいる応募者でなくても、
だれでも退職決意にいたっただろうか?

 

それとも、少しでもいやなことがあれば
退職へと気持ちが向かうネガティブな応募者ではないか?

 

面接官はこの点を見極めなければなりません

 

 

そのうえで、退職理由とやりたいことが一致しているか?
などを判断していきます。

 

 

【回答のコツ】

 

1退職が自己都合の場合、会社不満ではなく、やりたいことの実現を示す。
2人間関係のトラブルや会社批判には言及しない。
3退職理由が会社都合の場合、気持ちを切り替え、前向きな姿勢を示す。

 

 

 

 

面接事例-1

退職理由

 

 

採用されない応募者の回答例

 

転職応募者の面接 NG回答

前職では人事部で採用担当として勤務していましたが、
採用業務や採用面接には関わることはなく
転職応募者の面接 新卒採用の会社説明会用のパンフレット袋詰めや
説明会への学生勧誘などどちらかというと雑用ばかりでした。

 

人事部所属で採用担当というと、外部的にはうらやましがられますが
実際に私がやっていることと言ったら、
学生のアルバイトでもやれる程度の雑用でしたので、
転職応募者の面接 もっとキャリアアップしたいと思い、退職することにしました。

 

 

この回答は、ココがダメ! 転職応募者の面接

 

 

新卒採用の会社説明会用のパンフレット袋詰めや
説明会への学生勧誘などどちらかというと雑用ばかりでした。


 

 

 

退職理由として、まっ先に前職の不満を述べるのはよくありません。

 

前職の内容にかかわらず、当社で採用してもいずれ職務に専念できないで退職を考えるようになるのではないかと考えます。

 


 

 

 

 

この回答は、ココがダメ! 転職応募者の面接

 

 

もっとキャリアアップしたいと思い、退職することにしました。


 

 

 

自分の希望を上司や会社側に伝えたが、それがかなわないので
自分のキャリアアップと成長を実現させるには
今の会社ではムリなので退職を決意したというのなら、
理解できないでもありません。

 

しかし、この事例のように自分一人で考えを膨らませて、
それが個人的な不満として積み重なった退職理由は
それを耳にする面接官としては、あまり評価できません。


 

 

採用される応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 YES回答

 

前職では人事部で、学卒採用や中途採用などの、
採用チームに勤務していましたが、
社員研修や人事制度の構築など、
幅広い人事の職務に携わりたいと思い、
上司と相談しましたが、転職応募者の面接会社方針としては
当面、異動は予定がないと言われました。

 

採用も大切な職務と認識していますが
人事部での勤続年数も経験も一定のレベルに達した今、
専門業務社内研修などで採用した人材が働きやすく、
実績を上げ、会社に貢献できることも人事部の仕事だと思います。

 

人事業務のより幅広い職務に携われるよう、
転職応募者の面接現在、通信教育で社会保険、労働保険を受講しながら
知識の習得をはかっていますので、短期間で即戦力になれると思います。

 

 

 

 

この回答は、ココがOK! 転職応募者の面接

 

 

会社方針としては当面、異動は予定がないと言われました。


 

 

 

自分の中で不満を溜め込んだのではなく、
自分の希望や志望目標が、会社では実現困難であるという
退職決意は評価できます。

 

ただし、募集企業側が応募者に期待する職務が
転職応募者の希望と合致していることが大切です。
企業側の募集業務が人事体制の構築でない場合、
採用は困難かもしれません。


 

 

 

この回答は、ココがOK! 転職応募者の面接

 

 

現在、通信教育で社会保険、労働保険を受講しながら
知識の習得をはかっていますので、短期間で即戦力になれると思います。


 

 

 

採用チームとして勤務してきたので、
それ以外の人事に関する知識を吸収しようと
自己啓発している点は、採用後も、
関連業務の知識吸収に励む人材であると
想像できて評価できます。


 

 

 

面接事例-2

 

採用されない応募者の回答例

 

退職理由

 

 

転職応募者の面接 NG回答

前職では、不動産会社の営業職として
新築マンション営業に携わってきました。
転職応募者の面接 新築マンションしか扱わない会社でしので、
不安定な経済状況に左右され、売上が伸びず
今後の動向が心配になり退職いたしました。

 

 

前年から都市型マンション市場が成長してきているのに
前職の会社は郊外型新築マンション専門で、
転職応募者の面接 手間がかかる割に販売が芳しくなく、
一社員でありながらも会社方針にジレンマを感じていました。

 

 

 

 

この回答は、ココがダメ! 転職応募者の面接

 

 

新築マンションしか扱わない会社でしので、
不安定な経済状況に左右され、売上が伸びず
今後の動向が心配になり退職いたしました。


 

 

 

転職して会社を変えても、売上が伸ばせる自信がなければ
会社批判と受け取られかねない。
応募企業で採用されても、遅かれ早かれ、
このような会社不満で再度退職する転職応募者との印象を抱かれます。


 

 

 

 

この回答は、ココがダメ! 転職応募者の面接

 

 

手間がかかる割に販売が芳しくなく、
一社員でありながらも会社方針にジレンマを感じていました。


 

 

 

事実であっても、回答を聞く面接官には
応募者のネガティブな印象を抱きかねません。

 

この設例に限らず、どのような場合でも、
会社批判や会社への不満を理由に挙げるのは得策ではありません。
面接官にネガティブな印象を植え付け、
応募者の仕事の姿勢に疑問を持たれます。


 

 

採用される応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 YES回答

 

前職は新築マンション販売の不動産会社でした。
取扱物件がマンションに限られるため、
転職応募者の面接お客様の幅広い要望に応えられるように
マンションだけでなく、戸建て物件も携わりたく
また、将来的には商業店舗や法人事務所など幅広い物件
を取り扱う転職応募者の面接不動産業のエキスパートを希望して
退職を決意しました。

 

 

 

 

この回答は、ココがOK! 転職応募者の面接

 

 

お客様の幅広い要望に応えられるように
マンションだけでなく、戸建て物件も携わりたく
また、将来的には商業店舗や法人事務所など幅広い物件


 

 

 

志望が明確になっていて、
やりたいことが在籍企業では実現困難なため
退職を決意した理由が明確であるため、好感を抱けます。

 

問題は、応募企業の求人業務が、
志望内容の職務と合致していることです。


 

 

 

この回答は、ココがOK! 転職応募者の面接

 

 

不動産業のエキスパートを希望して
退職を決意しました。


 

 

 

応募企業にもメリットがあることに触れることで、
面接官は回答に好感を抱きます。


 

 

面接事例-3

 

採用されない応募者の回答例

 

退職理由

 

 

転職応募者の面接 NG回答

雑貨店の店長をさせていただいていました。
長年勤務した雑貨店が売上不振ということで
閉鎖になり、退職しました。

 

店舗閉鎖が決まったことで、
他部門への異動を申し入れましたが、
転職応募者の面接 私の店長職でのキャリアでは、
異動できる部署がないとのことでした

 

 

 

 

この回答は、ココがダメ! 転職応募者の面接

 

 

私の店長職でのキャリアでは、
異動できる部署がないとのことでした


 

 

 

転職応募者の職務能力が劣り、
それが移動できなかった理由だと判断されかねないので
このような回答は、事実であっても避けたいものです。


 

 

採用される応募者の回答例

 

 

転職応募者の面接 YES回答

 

雑貨店の店長として勤務させて頂きました。
私の店舗では売上げは前年対比で伸びていましたが、
全店的に売上が伸びず業績悪化となり、
転職応募者の面接雑貨部門が閉鎖になり、会社都合で退職しました。

 

転職応募者の面接これまでの商品知識や経験を活かして
気持ちを切り替え、頑張りたいと考えています。/span>

 

 

 

 

この回答は、ココがOK! 転職応募者の面接

 

 

雑貨部門が閉鎖になり、会社都合で退職しました。


 

 

 

退職理由に会社都合を触れる場合、
業績不振だった理由を簡単に触れることが大切です。


 

 

 

この回答は、ココがOK! 転職応募者の面接

 

 

これまでの商品知識や経験を活かして
気持ちを切り替え、頑張りたいと考えています。/span>


 

 

 

部門閉鎖による退職という、予期できなかった退職でも
応募先企業では関係ないことなので、
事情に深入りした説明は避けて、
気持ちを切り替えていることを示すことが大切です。


 

 

 

 

 

 

面接官の奥に潜む、本当の質問意図

 

実は、この質問には、表面的に退職理由を回答してもらうだけでなく、
その奥には、採用面接官が転職応募者から聞き出したいホンネの部分があります。

 

「転職を決意した退職理由」に進む






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

退職理由を教えてください関連ページ

職務経験を聞かせてください
面接官は、職務経験を把握理解することで応募者がどのように活躍できるかをイメージます。
転職を決意した退職理由
会社を辞めたいと思うほどの重要な退職理由を明確にしておく必要があります。
前職場に入社した理由、いきさつ、経緯
前の職場を仕事先に選んだ理由、それはその職場で実力を発揮できていたかという問いかけです。
転職理由を教えてください
転職を決意する理由は前職に理想との差があるからです。ネガティブな理由だとしても前向 きな姿勢をアピールしましょう。
入社したらどのように力を発揮してもらえますか
入社後の活躍シーンをイメージできる回答をします。求められている職種を よく理解し、簡潔にまとめましょう。
当社への志望動機
転職面接で必ずされる質問。ここにも面接官が知りたい項目があるのです。