あなたが転職する理由を教えてください

あなたが転職する理由を教えてください

 

前職を離れ、あたらしい職種や職場に勤務先を求める転職者を
面接官は、「前職に対して不満を抱いている応募者」
と考えています。
多かれ少なかれネガティブ思考の応募者という先入観を持っているのです。

 

 

そのアウェイな空気を打ち破り、有利な雰囲気にするためにも
転職がネガティブな理由でなかったこと、
志望理由とリンクする前向きな姿勢を理解してもらうことが大切です。

 

 

 

 

面接官の質問意図

 

転職する応募者に対して採用面接官は、
1前職に対して何らかの不満を抱いていた
2不遇環境から、転職して逃げようとする
3当社でも不満が募れば転職する可能性が高い

 

そんな転職応募者との先入観を持っています。

 

 

そこで転職理由がどのようなものなのかを探る質問が、
「あなたの退転職理由をお聞かせください」です。

 

 

 

 

 

この質問には3つの意図と狙いがあります。

 

志望動機に結び付く転職理由か

 

本気で転職したいと考えているか

 

転職理由に信ぴょう性があるか

 

 

 

 

 

 

志望動機に結び付く転職理由か

 

面接官は、転職応募者の転職理由が気になります。
先にも述べたように、また不満を募らせて
退職するのではないかという危惧があります。

 

そこで、転職を決意した理由が当社への志望動機との
整合性を探る必要があります。
誰もが納得できる転職・志望動機なのかを本人の口からお聞きします。

 

 

 

 

本気で転職したいと考えているか

 

また、まだ退職していない在職中の転職応募者には、
本気で退職してして、転職したいのかを
回答の中から見極めます。

 

求人企業が内定者を出した場合の実情をご紹介しますと、
一般に、内定を出した求人企業は、
内定を出すと内定者への入社日確定業務へと移り、
その職種の採用活動を終了します。

 

未消化の面接日程の応募者には、予定通り面接しますが
形式だけの面接で、採否は決定してます。

 

このため、内定者に内定辞退されるのが一番困ります。
全ての応募者に不合格通知をしていますから、
その後に届けられる応募書類から採用活動をしますが、
内定者を決めたころには、応募書類数のピークは終わり、
ほとんど送られてこないものです。

 

そのため、企業は再度同種の採用活動を始めるのです。
最初と全く同じ条件で求人活動をします。

 

しかし、この場合、応募者は最初のときより少ないし、
その応募者の人材も低いのが現状です。

 

このようなことがあり、
求人企業は内定を出す応募者に対しては、
転職の意志を慎重に確認するのです。

 

 

 

 

転職理由に信ぴょう性があるか

 

転職応募者の中には、数多く応募しても採用されず、
やけになったり、焦ってしまい、数撃てば…の方もいます。
どの会社、どの職種でもいいから、採用されたいとの思いですから
志望理由があやふやな方が多いものです。

 

そこで、この質問をして転職応募者の志望理由を確認するのです。

 

 

 

回答のコツ

 

転職理由を質問された場合、
転職を決意した理由が、どのようであれ、
ネガティブに受け止められることがないように
気を付けなければなりません。

 

 

 

 

回答の際に注意したいポイント

 

何度も申しますが、
間違いなく入社できる応募者であるか?
そして、ネガティブな退職理由が当社でも再燃しないか?
この点を企業側は、転職応募者との面接で読み取りたいのです。

 

 

そこで、転職理由を質問された場合
回答に際しては、3つのポイントで答えましょう。

 

 

在職中の転職であれば、求人広告をみて決断したこと言えば説得力あります。
応募の志望動機と退職の理由をリンクさせ、前向きな願望実現を訴えます。
転職の決意が強固であること、入社日を柔軟に対応できることを示します。

 

 

 

 

面接事例

 

採用されない応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 NG回答

前職では、希望の営業事務へ配属との約束で社しましたが
実際は、入社早々に営業に配属されました。
入社時の約束と違うので、配属を願い出ましたが、
すでに決定したこと、企業では人事異動は当たり前だと、
希望は聞き入れてもらえませんでした。
転職応募者の面接前職場と上司への不信感を抱いていました。

 

営業の仕事は私の適正ではムリだと思っています。
営業事務という仕事に就きたくて転職活動を始めました。

 

 

 

 

この回答は、ココがダメ! 転職応募者の面接

 

 

前職場と上司への不信感を抱いていました。


 

 

 

事実であっても、会社批判や会社への不満を理由にするのはダメです。
応募者の気持ちを理解できても、会社不信までは同情できません。


 

 

採用される応募者の回答例

 

 

 

転職応募者の面接 YES回答

営業事務職での勤務という内定でしたが
実際の勤務は営業でした。
営業事務を行なう上で営業の仕事を経験することも
重要だと考えていましたが、
転職応募者の面接営業事務職への希望が募るばかりでしたので、
上司に相談したところ、会社として異動は困難とのことでした。
今いる会社では営業事務の仕事をできないのであれば仕方ないと
退職を決意しました。

 

転職応募者の面接私も、十分に確認しなかったのがいけませんでした。
御社で希望が叶えば、私の適正能力を発揮して頑張ります。

 

 

 

 

この回答は、ココがOK! 転職応募者の面接

 

 

営業事務職への希望が募るばかりでしたので、
上司に相談したところ、会社として異動は困難とのことでした。


 

 

 

営業事務が自分の適性と信じ、理想を追う姿は評価できます。
また、自分の中だけに不満を募らせるのでなく
その解決策として上司に異動を申し出た点も好印象です。
その結果、希望が実現困難であると知り、
転職を決意した理由の信ぴょう性が十分伺えます。


 

 

 

この回答は、ココがOK! 転職応募者の面接

 

 

私も、十分に確認しなかったのがいけませんでした。


 

 

 

いかなる理由があろうとも、転職のための退職決意は
会社への批判、不満、不信感を持ていることを否めません。
謙虚な姿勢を示すことで、会社批判とは受取られません。


 






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

転職理由を教えてください関連ページ

職務経験を聞かせてください
面接官は、職務経験を把握理解することで応募者がどのように活躍できるかをイメージます。
退職理由を教えてください
退職理由の質問は面接の定番中の定番質問です。キャリアアップや志望動機との関連性をしっかり回答しましょ う。
転職を決意した退職理由
会社を辞めたいと思うほどの重要な退職理由を明確にしておく必要があります。
前職場に入社した理由、いきさつ、経緯
前の職場を仕事先に選んだ理由、それはその職場で実力を発揮できていたかという問いかけです。
入社したらどのように力を発揮してもらえますか
入社後の活躍シーンをイメージできる回答をします。求められている職種を よく理解し、簡潔にまとめましょう。
当社への志望動機
転職面接で必ずされる質問。ここにも面接官が知りたい項目があるのです。