営業のノルマはどうでしょうか

営業のノルマはどうでしょうか?

 

 

応募者の質問意図

 

営業職の場合、ノルマ目標を与えられるのはどこも一緒です。
営業職を応募する場合、応募企業のノルマや目標額は気になるところです。
とくに、同業や同様の商品を扱う企業であれば、前職との比較もあり
非常にきになりますよね。

 

 

 

 

この質問には、3つの意図と狙いがあります。

 

転職応募者の面接 ノルマが厳しいのではないか

 

 

転職応募者の面接 営業成績に自信がないけど、やっていけるか

 

 

転職応募者の面接 ノルマの達成は強制されるのか

 

 

 

 

 

 

質問のコツ

 

営業にノルマは当然という姿勢を示す

 

前職でのノルマを語りながら、状況を聞くようにします

 

面接官の回答に共感しながら、やる気をアピールしましょう

 

 

営業職はノルマや目標を避けることはできません。
そうとわかっていても、新しい職場のノルマは気になるものです。

 

 

この質問をする場合のポイントは、
ノルマや目標は当然あるものというスタンスを示すことです。
暗黙の了解という姿勢を示しながら、どの程度なのかを聞くようにします。

 

 

 

また、前職のノルマやその達成状況などに触れながら
質問するのも面接官は答えやすくなります。

 

 

 

そして、面接官から答えてもらえば、
自分の想定よりも高いレベルのモノであっても、共感を示すことが大事です。
相槌だけで質問を終えると、面接官は応募者の実力に
疑問を抱くかもしれません。

 

 

 

 

採用されない応募者の質問例

 

 

 

転職応募者の面接 NG回答

前職はノルマ数字を非常に高く設定する会社でした。
転職応募者の面接 達成するまで夜遅くなっても会社に戻れず
毎日、辛い思いをしながら営業をしていました。

 

転職応募者の面接 ノルマが厳しく、精神的にも大変負担でした。
同僚も同じように感じていたようで、
半数は辞めていき、毎年営業職を採用していました。
御社ではノルマについてはどうでしょうか?

 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがダメ!

 

 

達成するまで夜遅くなっても会社に戻れず


 

 

 

売上を達成できない能力が低い応募者と判断されかねません。
事実を語る場合でも、面接官の反応を考えながら回答するべきです。


 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがダメ!

 

 

ノルマが厳しく、精神的にも大変負担でした。


 

 

 

ノルマ状況を質問して、
面接官が「ウチも、厳しいです」と答えらたら
その後の返事に困りますよね。


 

採用される応募者の質問例

 

 

 

転職応募者の面接 YES回答

 

転職応募者の面接 営業はノルマや目標を達成する挑戦意欲が大切だと考えています。
前職でも売り上げ目標があり、作戦を立てたりして達成してきました。
転職応募者の面接 御社の営業でもノルマがあると思いますが、いかがでしょうか?

 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK! 

 

営業はノルマや目標を達成する挑戦意欲が大切だと考えています。
前職でも売り上げ目標があり、作戦を立てたりして達成してきました。


 

 

 

ノルマを当然のものと肯定したうえで、
質問することが大切です。


 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK!

 

 

御社の営業でもノルマがあると思いますが、いかがでしょうか?


 

 

 

思い切って質問することも大事です。
面接官の回答が、自分の想像とかけ離れている場合、
内定をもらったときに、辞退することを考えればいいです。
面接の場では、入社したいという意志のアピールに徹しましょう。


 

転職の面接はプロのサポートを受けると採用されやすい

 

 

 

 

当サイト管理人の会社でも活用している転職サイト

転職のプロに相談できる
【転職サイトDODA 】の転職支援

転職支援実績31万人!
【リクルートエージェント】

転職サイトはDODA

登録した応募者に、サイトでは非公開の求人を
キャリアカウンセリングの中で紹介しています。
求職者の希望とベストマッチする求人情報こそ、
「非公開求人」の中にあるのです。
この転職エージェントは頼りになりますよ!

無料エントリーで約90%が非公開求人を閲覧!
転職のプロがあなたをサポートします!
転職成功実績は業界ナンバーワンで
外資系企業への転職にも強いんです!

充実した転職・求人情報であなたの転職を支援
【@type】

JAC Recruitment
【ジェイ エイ シー リクルートメント】

 

年収

転職活動には「コツ」があります。
@typeでは、応募から選考、内定までの各プロセスに、アドバイザーがあなたと応募企業に合わせて様々にアドバイスしてくれます。

 

[アドバイス例]
応募書類対策
何百という書類を見てきたアドバイザーが丁寧添削

 

面接対策
想定質問をもとに、本番並のシミュレーション

 

企業のポイントを把握
企業に併せたアピールポイントの共有、合否に関わらず選考過程でのあなたにフィードバック

 

あなたの転職活動は飛躍的に変化します。

 

業界・職種に精通した総勢300名のコンサルタント
個別面談で転職のプロフェッショナルが転職サポート

転職サイト
【リクナビNEXT】

転職支援人材紹介会社
【マイナビエージェント】

求人情報を探す手間が要りません!
企業があなたにオファーを送ってくるシステム
リクナビNEXTの「スカウト登録」受付中
スカウト登録は匿名で可能。しかも無料!

 

 

設立40年以上の豊富な転職成功実績
全国の上場企業やベンチャー企業、隠れた優良企業の人事担当者と密接で太いパイプ






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

ノルマを知りたい関連ページ

ポジション・待遇を聞きたい
非常に聞きにくい内容ですが、仕事に積極的に取り組む中で知っておきたいことのようにすることがポイントです。
転勤について知りたい
転勤の質問は個人事情は控えめにして、スキルアップを前提にした質問という形式で質問しましょう。
育児休暇について知りたい
育児休暇の取得状況は単なる質問、権利の主張では面接官に悪い印象を与えます。
残業や休日出勤について
残業や休日出勤の質問は前向きに取り組む姿勢を示しながら質問しましょう。
有給休暇の取得について
有給休暇にこだわるのではなく、社員はどうされているか?という質問にしましょう。
若い社員が多く平均年齢を知りたい
平均年齢が若い会社は離職率が気になります。また、年配者の定着率も 気になります。