仕事への考え方を示しながら育児休暇取得状況を聞く形式の質問が最良です。

育児休暇は取得できますでしょうか?

 

 

質問意図

 

女性応募者にとっては、育児休暇や女性特有の体調不良での
便宜を計らってくれる企業はありがたいものです。

 

 

 

法律の上では、育児休暇は保障されていますが
実際の現場では、女性社員が堂々と育児休暇取得するのは
なかなかむつかしいのが現状のようです。

 

 

そこで、入社前にこのあたりを確認したいというのが
この面接応募者からの質問なのでしょう。

 

 

 

この質問は、女性社員に対してどのくらいの
福利厚生制度が整っているかを知ることができます。
育児休暇が認められ、実際に取得している社員がいれば
他の福利厚生面でもしっかりした会社だと言えます。

 

 

 

この質問には、3つの意図と狙いがあります。

 

転職応募者の面接 育児休暇が取得できる会社かどうかの確認

 

 

転職応募者の面接 育児休暇を実際に取得ている社員がいるか

 

 

転職応募者の面接 女性社員への待遇はどうなっているか

 

 

 

 

 

 

質問のコツ

 

将来にわたって末永く勤務する姿勢をアピールしましょう

 

入社後すぐに取得すると思われないようにしましょう

 

現在、取得している社員がいるかを確認しましょう

 

 

この質問は、女性にとって非常に気になるところです。
しかし、なかなか質問しづらい点でもあります。

 

 

 

質問する際は、応募者が入社後すぐに取得するのではないという点を
面接官に理解してもらう必要があります。
そうでないと、権利ばかりを主張する人材と判断されかねません。

 

 

 

 

 

採用されない応募者の質問例

 

 

 

転職応募者の面接 NG回答

女性は出産、育児という、仕事をするうえで障害になる問題がありますが
御社での育児休暇取得状況はいかがでしょうか?
転職応募者の面接 育児休暇は法律でも定められていることですので、
転職応募者の面接 女性社員に対しての待遇が整った会社で仕事をしたいと思います。

 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがダメ!

 

 

育児休暇は法律でも定められていることですので、


 

 

 

質問というよりも、「制度を順守しているか」と
面接官を責めているように感じられます。


 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがダメ!

 

 

女性社員に対しての待遇が整った会社で仕事をしたいと思います。


 

 

 

応募者の希望を伝えるという点ではいいですが、
質問という点では好ましくありません。


 

採用される応募者の質問例

 

 

 

転職応募者の面接 YES回答

 

転職応募者の面接 現在、結婚の予定はありませんが、
仕事は私の生活の一部ですので、かりに結婚しても
転職応募者の面接 仕事は続けていき、スキルを高め、御社に貢献したいと思っています。

 

御社は女性社員が多いように見受けられますが、
子どもを産んでも仕事を続けられている方は多いのでしょうか?

 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK! 

 

現在、結婚の予定はありませんが、


 

 

 

育児休暇をすぐに取得するのではない姿勢を示すことが大切です。


 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK!

 

 

仕事は続けていき、スキルを高め、御社に貢献したいと思っています。


 

 

 

仕事に対する考え方、取り組み意欲を示しながら
質問するところが上手な質問方法です。


 

転職の面接はプロのサポートを受けると採用されやすい

 

 

 

 

当サイト管理人の会社でも活用している転職サイト

転職のプロに相談できる
【転職サイトDODA 】の転職支援

転職支援実績31万人!
【リクルートエージェント】

転職サイトはDODA

登録した応募者に、サイトでは非公開の求人を
キャリアカウンセリングの中で紹介しています。
求職者の希望とベストマッチする求人情報こそ、
「非公開求人」の中にあるのです。
この転職エージェントは頼りになりますよ!

無料エントリーで約90%が非公開求人を閲覧!
転職のプロがあなたをサポートします!
転職成功実績は業界ナンバーワンで
外資系企業への転職にも強いんです!

充実した転職・求人情報であなたの転職を支援
【@type】

JAC Recruitment
【ジェイ エイ シー リクルートメント】

 

年収

転職活動には「コツ」があります。
@typeでは、応募から選考、内定までの各プロセスに、アドバイザーがあなたと応募企業に合わせて様々にアドバイスしてくれます。

 

[アドバイス例]
応募書類対策
何百という書類を見てきたアドバイザーが丁寧添削

 

面接対策
想定質問をもとに、本番並のシミュレーション

 

企業のポイントを把握
企業に併せたアピールポイントの共有、合否に関わらず選考過程でのあなたにフィードバック

 

あなたの転職活動は飛躍的に変化します。

 

業界・職種に精通した総勢300名のコンサルタント
個別面談で転職のプロフェッショナルが転職サポート

転職サイト
【リクナビNEXT】

転職支援人材紹介会社
【マイナビエージェント】

求人情報を探す手間が要りません!
企業があなたにオファーを送ってくるシステム
リクナビNEXTの「スカウト登録」受付中
スカウト登録は匿名で可能。しかも無料!

 

 

設立40年以上の豊富な転職成功実績
全国の上場企業やベンチャー企業、隠れた優良企業の人事担当者と密接で太いパイプ






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

育児休暇について知りたい関連ページ

ポジション・待遇を聞きたい
非常に聞きにくい内容ですが、仕事に積極的に取り組む中で知っておきたいことのようにすることがポイントです。
ノルマを知りたい
ノルマの質問は、ノルマが暗黙の了解という姿勢を示しながら、どの程度なのかを聞くようにします。
転勤について知りたい
転勤の質問は個人事情は控えめにして、スキルアップを前提にした質問という形式で質問しましょう。
残業や休日出勤について
残業や休日出勤の質問は前向きに取り組む姿勢を示しながら質問しましょう。
有給休暇の取得について
有給休暇にこだわるのではなく、社員はどうされているか?という質問にしましょう。
若い社員が多く平均年齢を知りたい
平均年齢が若い会社は離職率が気になります。また、年配者の定着率も 気になります。