面接では家庭環境や個人の事情は考慮してくれないと心得ましょう。

転勤はあるのでしょうか?

 

 

面接官の質問意図

 

この質問は、お子さんが生まれたばかりや
受験時期のお子さんがいる場合、
ご両親の面倒を見なければならない状況であれば、
非常に気になる点だと思います。

 

 

 

しかも、転勤そのものも重要ですが、
転居を伴う転勤があるか、それはどれくらいの頻度なのか
この点も非常に気になる点です。
内定をもらっても、場合によっては辞退しなければなりません。

 

 

 

普通、転勤がある会社であれば、
履歴書や職務経歴書から気づいて、面接官が面接の場で質問します。
その質問に回答する形で、応募企業の転勤や転居を伴う状況が推測できます。

 

 

 

この質問には、3つの意図と狙いがあります。

 

転職応募者の面接 転勤は頻繁に行われるのか

 

 

転職応募者の面接 転居を伴う異動があるのか

 

 

転職応募者の面接 異動により職務が変わることがあるのか

 

 

 

 

 

質問のコツ

現状を見極めたうえで、転勤が可能という姿勢を見せながら質問しましょう

 

転勤は社員それぞれ状況が異なるという前提で質問します

 

状況を把握したうえで、内定を<もらった時点で入社するか決めればいい

 

 

転職エージェント転職サイトに登録していれば、
面接の場で気にすることはなく、紹介された時点で
転職エージェントや転職サイトから教えてもらうことができます。
その回答によって、転勤状況が合わないのであれば応募を辞退できます。

 

 

 

面接官に向かって、この質問をする際のポイントは、
転勤が可能という前提を示すことです。
転居を伴う転勤がムリでも、それは内定をもらった後に会社に伝えればいいのです。

 

 

 

 

転職エージェントや転職サイトに登録していれば、
そちらから転居を伴う転勤が難しいことを伝えてもらえます。
しかも、転職エージェントや転職サイトの方で、
内定をそのままにして、転勤を応募者の事情に合わせてもらうよう
企業側に交渉してもらえます。

 

 

 

面接の場では、内定をもらうことに徹した回答を心がけましょう。

 

採用されない応募者の質問例

 

 

 

転職応募者の面接 NG回答

私は小学生の子どもがいます。
また、数年後には両親の介護も必要になります。
転職応募者の面接 子どもだけでしたら、妻に任せて単身赴任も可能ですが
両親の介護も加わると妻の負担が重く、ちょっとムリかと思います。

 

御社は支店が日本全国にあるので、転勤の可能性があると思いますが
転居が必要になる転勤もあるのでしょうか?
転職応募者の面接 私の場合、転居を伴う転勤は難しいと思います。

 

 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがダメ!

 

 

子どもだけでしたら、妻に任せて単身赴任も可能ですが
両親の介護も加わると妻の負担が重く、ちょっとムリかと思います。


 

 

 

家庭の事情は、採用に関してはあまり考慮されません。
むしろ、会社の事情に合わない応募者と判断されて、
内定は難しくなります。

 

応募者の状況や家庭環境を伝えても、
面接の場で両者の歩み寄りはあり得ません。
企業側に歩み寄れる応募者が採用されるのです。


 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがダメ!

 

 

私の場合、転居を伴う転勤は難しいと思います。


 

 

 

転勤の有無の回答をもらう前にここまで伝えるのはよくありません。
転居を伴う転勤が多いという回答があっても、
内定通知をもらってから、この状況を伝えても遅くはありません。


 

採用される応募者の質問例

 

 

 

転職応募者の面接 YES回答

 

転職応募者の面接 多くの職場で経験を積み、スキルを高めるのは大切だと思っています。

 

御社は全国展開をして各地に支店を置かれていますが
転勤や職務変更などの可能性はありますでしょうか?

 

転勤の有無は社員の適性や能力などによって、異なるでしょうが
転職応募者の面接 既存社員の方々のおおまかな状況などを
お聞かせいただければと思います。

 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK! 

 

多くの職場で経験を積み、スキルを高めるのは大切だと思っています。


 

 

 

前提として、転勤が必要だという認識を伝えることが大切です。
そのうえで、転勤の有無を質問することで面接官は、答えやすくなります。


 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK!

 

 

既存社員の方々のおおまかな状況などを
お聞かせいただければと思います。


 

 

 

求人企業の一般的な現状を聞くことで、
面接官は、答えやすくなります。


 

転職の面接はプロのサポートを受けると採用されやすい

 

 

 

 

当サイト管理人の会社でも活用している転職サイト

転職のプロに相談できる
【転職サイトDODA 】の転職支援

転職支援実績31万人!
【リクルートエージェント】

転職サイトはDODA

登録した応募者に、サイトでは非公開の求人を
キャリアカウンセリングの中で紹介しています。
求職者の希望とベストマッチする求人情報こそ、
「非公開求人」の中にあるのです。
この転職エージェントは頼りになりますよ!

無料エントリーで約90%が非公開求人を閲覧!
転職のプロがあなたをサポートします!
転職成功実績は業界ナンバーワンで
外資系企業への転職にも強いんです!

充実した転職・求人情報であなたの転職を支援
【@type】

JAC Recruitment
【ジェイ エイ シー リクルートメント】

 

年収

転職活動には「コツ」があります。
@typeでは、応募から選考、内定までの各プロセスに、アドバイザーがあなたと応募企業に合わせて様々にアドバイスしてくれます。

 

[アドバイス例]
応募書類対策
何百という書類を見てきたアドバイザーが丁寧添削

 

面接対策
想定質問をもとに、本番並のシミュレーション

 

企業のポイントを把握
企業に併せたアピールポイントの共有、合否に関わらず選考過程でのあなたにフィードバック

 

あなたの転職活動は飛躍的に変化します。

 

業界・職種に精通した総勢300名のコンサルタント
個別面談で転職のプロフェッショナルが転職サポート

転職サイト
【リクナビNEXT】

転職支援人材紹介会社
【マイナビエージェント】

求人情報を探す手間が要りません!
企業があなたにオファーを送ってくるシステム
リクナビNEXTの「スカウト登録」受付中
スカウト登録は匿名で可能。しかも無料!

 

 

設立40年以上の豊富な転職成功実績
全国の上場企業やベンチャー企業、隠れた優良企業の人事担当者と密接で太いパイプ






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

転勤について知りたい関連ページ

ポジション・待遇を聞きたい
非常に聞きにくい内容ですが、仕事に積極的に取り組む中で知っておきたいことのようにすることがポイントです。
ノルマを知りたい
ノルマの質問は、ノルマが暗黙の了解という姿勢を示しながら、どの程度なのかを聞くようにします。
育児休暇について知りたい
育児休暇の取得状況は単なる質問、権利の主張では面接官に悪い印象を与えます。
残業や休日出勤について
残業や休日出勤の質問は前向きに取り組む姿勢を示しながら質問しましょう。
有給休暇の取得について
有給休暇にこだわるのではなく、社員はどうされているか?という質問にしましょう。
若い社員が多く平均年齢を知りたい
平均年齢が若い会社は離職率が気になります。また、年配者の定着率も 気になります。