労働意欲に疑問を持たれないように有給休暇の取得状況を聞きましょう。

有給休暇の取得状況はいかがでしょうか?

 

 

面接官の質問意図

 

有給休暇が社員の希望通りに取得できない会社は意外に多いようです。
私が勤務した会社では、希望通りに取得できなかった会社はありませんでした。

 

 

 

しかし、地方の企業では、いまでも土曜日が出勤になっている会社は多いです。
そういう会社では、土曜日に有給休暇を取得する社員が多くいます。
それらの希望を受け入れると、出勤日であるにもかかわらず
在籍している社員が平日の半分以下になることも多く、
欠勤している社員宛の電話対応に追われて、
本来の業務が進まないことがあります。
そういう場合、毎週土曜日の有給休暇取得を控えてもらい、
月に1回の取得を理解・協力してもらうという会社もあります。

 

 

 

このような実態もあるので、会社としては社員の希望を受け入れたくても、
会社運営上、社員に協力をあおぐ事情があるのです。

 

 

 

この質問は、面接官に質問するのではなく、
転職エージェント転職サイトに聞くのがベストです。
転職エージェントや転職サイトから紹介された会社であれば、
面接の前に、事情を教えてもらい、条件的に難しければ
応募そのものを辞退することができます。

 

 

 

あえて、面接の場で面接官の顔色を伺いながら
地雷を踏む危険を冒す必要はありません。

 

 

 

 

この質問には、3つの意図と狙いがあります。

 

転職応募者の面接 雇用制度が整備されているか

 

 

転職応募者の面接 想像以上に多忙な会社ではないか

 

 

転職応募者の面接 希望通りの有給休暇が取得できるか

 

 

 

 

 

質問のコツ

 

仕事を積極的にこなす前向きな姿勢を示すことが大事です

 

有給休暇を消化したいという姿勢は見せないことです

 

仕事の進め方を確認しながら質問するのがベターです

 

 

この質問をすることで、労働意欲の低い応募者と判断されるのはよくありません。
仕事をするうえで、どうしても有給休暇を取得する必要がある時に
対応してもらえるのか?という、スタンスの質問がベストです。

 

 

 

 

採用されない応募者の質問例

 

 

 

転職応募者の面接 NG回答

転職応募者の面接 前職では、プログラム開発プロジェクトが始まると
3ヶ月程度は休みもなく、有給休暇も取れないことがありました。
仕事に追われ、急かされて、体を壊すのではないかと不安でした。

 

転職応募者の面接 御社ではそのようなことはないと思いますが、
有給休暇の取得状況はいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがダメ!

 

 

前職では、プログラム開発プロジェクトが始まると
3ヶ月程度は休みもなく、有給休暇も取れないことがありました。
仕事に追われ、急かされて、体を壊すのではないかと不安でした。


 

 

 

前職の事情を伝えるのは必要ですが、
あまりにネガティブな表現はよくありません。


 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがダメ!

 

 

御社ではそのようなことはないと思いますが、


 

 

 

この質問の仕方は
「当社もそうです」と答えられたとき返答に窮します。


 

採用される応募者の質問例

 

 

 

転職応募者の面接 YES回答

 

前職ではプログラム開発をしていて、
約3ヶ月間のプロジェクトが始まると
転職応募者の面接 その期間は仕事に熱中して時間を忘れるほどでした。

 

プロジェクトの合間に休みを取っていましたが
転職応募者の面接 御社では社員の方は有給休暇を取られることがあるのでしょうか?

 

 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK! 

 

その期間は仕事に熱中して時間を忘れるほどでした。


 

 

 

仕事への取り組み姿勢と意欲を示しながら、
自分の意思で有給休暇を取得していたのではないことを示すのは
上手な質問の仕方と言えます。


 

 

 

転職応募者の面接 この回答は、ココがOK!

 

 

御社では社員の方は有給休暇を取られることがあるのでしょうか?


 

 

 

「有給休暇を取るつもりはないが、社員はどうされているか?」
このようなニュアンスの質問は、面接官も回答しやすいものです。


 

転職の面接はプロのサポートを受けると採用されやすい

 

 

 

 

当サイト管理人の会社でも活用している転職サイト

転職のプロに相談できる
【転職サイトDODA 】の転職支援

転職支援実績31万人!
【リクルートエージェント】

転職サイトはDODA

登録した応募者に、サイトでは非公開の求人を
キャリアカウンセリングの中で紹介しています。
求職者の希望とベストマッチする求人情報こそ、
「非公開求人」の中にあるのです。
この転職エージェントは頼りになりますよ!

無料エントリーで約90%が非公開求人を閲覧!
転職のプロがあなたをサポートします!
転職成功実績は業界ナンバーワンで
外資系企業への転職にも強いんです!

充実した転職・求人情報であなたの転職を支援
【@type】

JAC Recruitment
【ジェイ エイ シー リクルートメント】

 

年収

転職活動には「コツ」があります。
@typeでは、応募から選考、内定までの各プロセスに、アドバイザーがあなたと応募企業に合わせて様々にアドバイスしてくれます。

 

[アドバイス例]
応募書類対策
何百という書類を見てきたアドバイザーが丁寧添削

 

面接対策
想定質問をもとに、本番並のシミュレーション

 

企業のポイントを把握
企業に併せたアピールポイントの共有、合否に関わらず選考過程でのあなたにフィードバック

 

あなたの転職活動は飛躍的に変化します。

 

業界・職種に精通した総勢300名のコンサルタント
個別面談で転職のプロフェッショナルが転職サポート

転職サイト
【リクナビNEXT】

転職支援人材紹介会社
【マイナビエージェント】

求人情報を探す手間が要りません!
企業があなたにオファーを送ってくるシステム
リクナビNEXTの「スカウト登録」受付中
スカウト登録は匿名で可能。しかも無料!

 

 

設立40年以上の豊富な転職成功実績
全国の上場企業やベンチャー企業、隠れた優良企業の人事担当者と密接で太いパイプ






<サイト案内>

サイトトップページへ行く    
転職サイトを活用しよう 30代・40代・50代の転職 面接質問の傾向と対策!
職種別転職面接のコツ    
     
面接質問の模範解答    
1.定番のテッパン質問 2.基本的質問 3.勤務状況の質問
4.弱点・回答しづらい質問 5意外に多い質問 6.職務別質問
7.応募者からの質問    
     
サイト管理人プロフィール    

 

 

有給休暇の取得について関連ページ

ポジション・待遇を聞きたい
非常に聞きにくい内容ですが、仕事に積極的に取り組む中で知っておきたいことのようにすることがポイントです。
ノルマを知りたい
ノルマの質問は、ノルマが暗黙の了解という姿勢を示しながら、どの程度なのかを聞くようにします。
転勤について知りたい
転勤の質問は個人事情は控えめにして、スキルアップを前提にした質問という形式で質問しましょう。
育児休暇について知りたい
育児休暇の取得状況は単なる質問、権利の主張では面接官に悪い印象を与えます。
残業や休日出勤について
残業や休日出勤の質問は前向きに取り組む姿勢を示しながら質問しましょう。
若い社員が多く平均年齢を知りたい
平均年齢が若い会社は離職率が気になります。また、年配者の定着率も 気になります。